読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】ゲノム編集で1・5倍肉厚にしたタイが流通へ…来月にも受理、魚では国内初

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 狙った遺伝子を正確に改変できる「ゲノム編集技術」で肉厚にしたタイが、9月にもゲノム編集食品として厚生労働省に受理され、流通・販売が可能になる見込みとなった。受理されれば、ゲノム編集食品の魚としては国内初となる。

 京都大や近畿大などが共同で開発を進めてきたタイで、筋肉の成長を抑える遺伝子「ミオスタチン」を働かなくさせることで身が大きくなる。従来の餌の量を与えるだけで身が約1・5倍に増える。高級魚であるタイのコストダウンにつながるとして期待される。

 ゲノム編集したタイはタグを付けて個別に識別し、陸上の水槽で養殖するため、海に逃げて天然のタイと交配することはないという。今後、厚労省の専門家部会などで、タイが本来持たない外部の遺伝子が入っていないかや、新たなアレルギー物質が作られていないかなどを確認する。問題がなければ届け出が受理される。実際に市場で販売される時期は未定だ。

 水産庁のデータによると、世界で1人あたりの魚介類の年間消費量は、アジアを中心にこの10年間で約1割増加した。養殖魚用の餌代が高騰しており、今回の技術は、厳しい経営状況にある養殖業を救う一手になる可能性もある。魚のゲノム編集はほかに、京大などがフグ、九州大などがサバについて研究を進めている。

 ゲノム編集食品を巡っては昨年、血圧の上昇を抑える働きがある物質「 GABAギャバ 」を多く含むトマトが国内1例目として厚労省に受理された。米国では、健康に悪影響の恐れがある脂質の一種が少ない大豆がゲノム編集で誕生し、食用油などに使用されている。

  ◆ゲノム編集食品 =ゲノム編集技術で特定の遺伝子を壊した食品で、厚生労働省に届け出されたもの。ゲノム編集には、狙った遺伝子を壊す手法と、外部から遺伝子を導入する手法があり、遺伝子を壊したものは従来の品種改良と差がないとされる。外部遺伝子を導入した場合は「遺伝子組み換え食品」とみなし、安全性や環境影響の厳格な審査が必要になる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2298128 0 科学・IT 2021/08/19 15:00:00 2021/08/19 18:47:02 2021/08/19 18:47:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210819-OYT1I50081-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)