読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

船外活動終えた星出さん「ISS滞在中のクルーらの協力で実現」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の星出彰彦飛行士(52)が日本時間の12日夜から、日本人最多に並ぶ4回目の船外活動を行った。作業は13日午前4時過ぎに完了した。米航空宇宙局(NASA)によると、星出さんの船外活動の合計時間は28時間17分となり、日本人最長を更新した。

ISSで船外活動を行う星出彰彦さん(NASAテレビ提供)
ISSで船外活動を行う星出彰彦さん(NASAテレビ提供)

 星出さんは12日午後9時25分頃、ペアを組むフランスの飛行士とともにISSから宇宙空間に出た。2人は船外を移動して、新型の太陽電池パネルを設置する架台の取り付けなどを行った。作業は7時間近くに及び、成功したという。

 星出さんはISSに前回滞在した2012年に3回の船外活動を行っている。日本人では野口聡一飛行士(56)の船外活動時間が計27時間1分で、最長だった。

 星出さんは船外活動の終了後、自身のツイッターに「計画・実行したチームに加え、ISS滞在中の全クルーの協力のもとで実現できたと思います。深謝!」と投稿した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2362090 0 科学・IT 2021/09/13 12:31:00 2021/09/13 12:31:00 2021/09/13 12:31:00 船外活動を行う宇宙飛行士の星出彰彦さん(NASAテレビ提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210913-OYT1I50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)