読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

民間人だけの宇宙ツアー、打ち上げ成功…自動操縦で地球周回3日間

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米国の実業家ら4人を乗せた米スペースX社の宇宙船「クルードラゴン」が15日午後8時頃(日本時間16日午前9時頃)、フロリダ州ケネディ宇宙センターから打ち上げられた。ロケットから切り離された宇宙船は予定の軌道に入り、打ち上げは成功した。3日間、地球上空を周回した後、同州沖に帰還する。

打ち上げ直後の船内の様子(スペースXの中継映像から)
打ち上げ直後の船内の様子(スペースXの中継映像から)
打ち上げられたクルードラゴン(スペースXの中継映像から)
打ち上げられたクルードラゴン(スペースXの中継映像から)

 宇宙船は自動操縦で、宇宙飛行士は同行していない。乗員がすべて飛行士以外の民間人による地球周回ツアーは世界初となる。

 今年7月にヴァージン・ギャラクティック、ブルーオリジンの米2社が無重力状態を数分間経験する宇宙旅行を成功させている。今回のツアーの全日程が無事終われば、宇宙旅行ビジネスがさらに活発化しそうだ。

 搭乗しているのは米決済情報処理企業を経営するジャレッド・アイザックマン氏(38)ら4人。スペースXや米メディアによると、宇宙船は、国際宇宙ステーション(ISS)より150キロ・メートル高い高度約575キロ・メートルの地球の軌道上を、1時間半ごとに1周する。4人は旅行中、自分たちの血液や唾液の検査、体内の超音波検査などを行うほか、「キューポラ」と呼ばれるドーム型の窓から宇宙や地球の景色を楽しむという。

 スペースXは旅行費用を明らかにしていない。米航空宇宙局(NASA)は、クルードラゴンが地球とISSを往復するのに、1席あたり約5500万ドル(約60億円)かかると試算している。今回は、アイザックマン氏が4人分を全額払ったとされる。

  ◆クルードラゴン =米航空宇宙局(NASA)の委託を受け、米スペースX社が開発した高さ8メートル、直径4メートルの有人宇宙船。既に地球と国際宇宙ステーション(ISS)の往復に使われ、現在ISSの船長を務める星出彰彦飛行士も今年4月に搭乗した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2370079 0 科学・IT 2021/09/16 09:23:00 2021/09/19 10:28:53 2021/09/19 10:28:53 民間人4人を載せた宇宙船が打ち上げられた(スペースXの中継映像から) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210916-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)