読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「宇宙旅行」のスペースX社、23年には月旅行を計画

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米宇宙企業スペースXは15日夜(日本時間16日朝)、米国の実業家ら男女4人を乗せた同社の宇宙船「クルードラゴン」をフロリダ州から打ち上げた。宇宙飛行士は同乗せず、民間人だけで地球を周回する世界初の宇宙旅行で、3日後に同州沖の海上に着水する。成功すれば、宇宙観光ビジネスにさらに弾みがつきそうだ。

打ち上げ直前のクルードラゴン(スペースXの中継動画から)
打ち上げ直前のクルードラゴン(スペースXの中継動画から)

 乗員は、米決済情報処理企業「シフトフォー・ペイメンツ」のジャレッド・アイザックマン最高経営責任者(38)と米セント・ジュード小児研究病院の職員、地球科学者、米空軍を退役した技術者の計4人。

 アイザックマンさんは、出発前の記者会見で「歴史の一部になれることは本当に幸運だ」と述べ、3人と共に白い宇宙服を着て搭乗。宇宙船がロケットから切り離され、高度約575キロ・メートルの予定の軌道に入ると、ガッツポーズで喜びあった。旅行中は、宇宙での生活が人体に与える影響を確かめる検査や実験を行う。

 旅行費用は1席数十億円とも言われ、アイザックマンさんが4人分支払った。乗員の病院職員は骨肉腫を克服した経験があり、アイザックマンさんは今回の宇宙旅行を「小児がん治療で有名なセント・ジュード小児研究病院への寄付金集めが目的」と説明している。ミッションは「インスピレーション4」と名付けられた。

 米航空宇宙局(NASA)のビル・ネルソン長官は打ち上げ成功を受け、ツイッターに「おめでとう! 地球上空の低軌道は今や多くの人が到達しやすく、宇宙の不思議を経験する場所となった」と書き込んだ。

 米国では、7月に米企業2社が、自社開発の宇宙船で無重力状態を数分間体験する宇宙旅行を相次いで成功させたばかり。スペースX社は2023年には月旅行を計画し、新たな宇宙船を開発している。実業家の前沢友作さんらが搭乗予定だ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2372206 0 科学・IT 2021/09/16 20:55:00 2021/09/16 22:47:52 2021/09/16 22:47:52 打ち上げ直前の宇宙船「クルードラゴン」(スペースXの中継動画から) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210916-OYT1I50150-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)