読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

オーロラが最も見えやすかったのは「鎌倉時代」…藤原定家「明月記」にある「赤い光」と合致

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 オーロラが現れる地域(オーロラ帯)の過去3000年間の変化を解析したところ、日本から最も見えやすかったのは鎌倉時代の1200年頃だったと、国立極地研究所などのチームが発表した。当時の歌人・藤原定家が日記「明月記」に残した「赤い光」の目撃時期と合致するという。研究結果が国際科学誌に掲載された。

南極・昭和基地で観測された赤いオーロラ=国立極地研究所提供
南極・昭和基地で観測された赤いオーロラ=国立極地研究所提供

 オーロラは、太陽から噴き出した粒子が、地磁気に沿って地球に降り注ぐ際に大気が発光する現象。極域周辺に出現しやすいが、太陽活動が活発になるとまれに北海道などでも観測される。地磁気は時代によって変動し、オーロラ帯の位置もずれ動いてきた。

 チームの片岡 龍峰りゅうほう ・同研究所准教授(宇宙空間物理学)らは、世界各地の地層に残留する地磁気のデータなどを基に、オーロラ帯の3000年分の変化を計算し、コンピューターで再現。オーロラを記したとされる文献と照合した。

 明月記には、1204年2月の2日間、京都の夜空に「 赤気せっき 」(空の赤い光)が現れ、「山の向こうの火事のようだった」という趣旨の記述がある。

 

残り:200文字/全文:789文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2374666 0 科学・IT 2021/09/17 15:00:00 2021/09/17 15:00:00 2021/09/17 15:00:00 南極の昭和基地で観測された赤いオーロラ=国立極地研究所提供 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210917-OYT1I50084-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)