読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「青い地球」や無重力を堪能、地球周回ツアー成功…予約の日本人「宇宙旅行の元年」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米スペースX社が19日、自社の宇宙船に民間人4人を乗せた3日間の地球周回ツアーに成功した。近く、月を往復する旅行も実施する計画だ。今年に入って他の米企業も相次ぎ宇宙旅行を実現しており、米国を中心に今後、宇宙旅行ビジネスが本格化しそうだ。(科学部 中居広起)

■「素晴らしい冒険」

米フロリダ州沖の大西洋にパラシュートを開いて着水したクルードラゴン(日本時間19日午前8時頃)(AP)
米フロリダ州沖の大西洋にパラシュートを開いて着水したクルードラゴン(日本時間19日午前8時頃)(AP)

 帰還した宇宙船「クルードラゴン」のハッチが開くと、乗員は1人ずつ、親指を立てたり、ガッツポーズしたりと元気な姿を見せた。技術者のクリス・センブロスキーさん(42)は「何と素晴らしい冒険だ!」とツイッターに投稿した。

 旅行中の中継映像で、4人が宙返りなどして無重力を面白がり、窓から青い地球を堪能して、ウクレレを弾いて楽しむ様子も紹介された。船内ではコーヒーやサンドイッチ、パスタ、煎り豆など25種類の食事や飲み物が用意された。乗員からは「宇宙で『冷たいピザ』を食べるなんて」という冗談が飛び出し、スペースX社を率いるイーロン・マスク氏は「ごめんなさい。次回は温める機器を用意します」とツイッターで返した。

地球を周回するクルードラゴンの船内で地上と交信する4人の乗員(ロイター)
地球を周回するクルードラゴンの船内で地上と交信する4人の乗員(ロイター)

 米国の小児病院で治療を受ける子どもたちと結ぶイベントも開かれた。10歳で骨肉腫を患い、克服した経験を持つ乗員の一人のヘイリー・アルセノーさん(29)が「私が宇宙旅行をできたから、きっと皆さんもできるはず」と語りかけた。

■「無重力」「月往復」

 今年に入って複数の米企業が宇宙旅行を成功させている。7月にはヴァージン・ギャラクティック、ブルーオリジンの米2社が、宇宙で数分間の無重力状態を体験するツアーを実施した。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2379948 0 科学・IT 2021/09/20 00:00:00 2021/09/20 00:00:00 2021/09/20 00:00:00 In this image taken provided by SpaceX, a capsule carrying four people parachutes into the Atlantic Ocean off the Florida coast, Saturday, Sept. 18, 2021. The all-amateur crew was the first to circle the world without a professional astronaut.  (SpaceX via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210919-OYT1I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)