読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「一生で出会えるかどうか」雌雄混在クマゼミ、小5発見…「飛び方が下手でよたよたしていた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

雌雄モザイクのクマゼミの標本(貝塚市で)
雌雄モザイクのクマゼミの標本(貝塚市で)

 体に雌雄両方の特徴を持つ希少な「雌雄モザイク」のクマゼミが見つかり、標本が大阪府貝塚市二色の市立自然遊学館で展示されている。発見したのは、岸和田市の小学生。同館は「一生で出会えるかどうかのもの。ぜひ見に来てほしい」としている。(北口節子)

貝塚で展示…専門家「素人は気づかない」

 このクマゼミは、オスにしかない鳴き声を出すための器官「腹弁」が腹部の片側だけにあり、末端にはメスの特徴を示す産卵管がある。岸和田市の小5(10)が7月下旬に市内の祖母宅の庭で発見。虫好きで、周囲から「虫博士」と呼ばれる小5は「ほかのクマゼミと比べ、飛び方が下手でよたよたしている」と疑問に思い、採集して観察すると、雌雄モザイクだったという。

 採取から数日後、同館に持ち込み、同館職員で昆虫に詳しい天満和久博士(農学)が雌雄モザイクを確認。「受け取った瞬間身震いした」という天満さんは、小5から標本にできないかとの相談を受け、一緒に標本に仕上げた。

 天満さんによると、飼育されるカブトムシやクワガタと違い、野外個体しかいないセミの雌雄モザイクの発見は、全国でも珍しいという。天満さんは「たくさんの虫を見て知識を持っていないと、素人では気がつかない」と驚いていた。

 オオカマキリやコロギスなど様々な昆虫を飼育し、普段から図鑑などで学んでいるという小5は「今後も珍しい虫を捕まえたい。クマゼミの標本も多くの人に見てもらいたい」と話した。

 展示は11月28日まで。展示スペースは小5と兄(14)が作ったセミの切り絵や折り紙で飾り付けている。火曜休館(11月23日は開館し、翌日休館)。入館無料。問い合わせは同館(072・431・8457)。

 ◆ 雌雄モザイク =生物において、一つの個体で雄の形質を持つ部分と、雌の形質を持つ部分が混在していることをいう。左右にきれいに分かれているものもあれば、部分的に分かれたものなどもあり、カブトムシやクワガタ、チョウなどで確認されている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2393509 0 科学・IT 2021/09/25 12:12:00 2021/09/25 12:12:00 2021/09/25 12:12:00 鞍井希凪君が見つけた雌雄モザイクのクマゼミ(貝塚市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210923-OYT1I50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)