読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「イプシロン」打ち上げ19秒前に手動で緊急停止…レーダー設備で不具合

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宇宙航空研究開発機構( JAXAジャクサ )は1日、鹿児島県 肝付きもつき 町の内之浦宇宙空間観測所で同日午前に予定していた固体燃料ロケット「イプシロン」5号機の打ち上げを直前で中止した。地上のレーダー設備の不具合が原因で、新たな打ち上げ日程は決まっていない。

打ち上げが直前で中止されたイプシロン5号機(右)(1日午前、鹿児島県肝付町で)
打ち上げが直前で中止されたイプシロン5号機(右)(1日午前、鹿児島県肝付町で)

 JAXAの発表によると、レーダー設備から送られてくるイプシロン5号機の位置情報に、誤った時刻が表示されることが打ち上げの十数分前に判明。その後も改善されず、19秒前に手動で緊急停止した。

 イプシロン5号機は全長26メートル、重さ96トンで、JAXAの小型衛星と、大学や企業が開発した超小型衛星計9基を搭載。宇宙空間へ到達後、これらを軌道に投入する予定だった。

イプシロン5号機の打ち上げで不具合のあったレーダー設備(JAXA提供)
イプシロン5号機の打ち上げで不具合のあったレーダー設備(JAXA提供)

 レーダー設備は可搬式で、25日に種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げる予定のH2Aロケット44号機にも使用される予定。JAXAは不具合の原因究明を急いでいる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2411356 0 科学・IT 2021/10/01 18:48:00 2021/10/01 22:22:43 2021/10/01 22:22:43 イプシロン5号機の打ち上げで不具合のあったレーダー設備(JAXA提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211001-OYT1I50108-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)