読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ノーベル賞の真鍋さん、妻の手料理が活力に…「私は最も恵まれた人間だ」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「彼女の助けがなければ賞をもらうのは不可能だった」。ノーベル物理学賞の受賞が決まった米プリンストン大上席研究員の真鍋 淑郎しゅくろう さん(90)は取材に対し、60年に及ぶ研究者人生を支えた妻、信子さん(80)への感謝を口にした。地球温暖化予測の礎を築いた真鍋さんの偉業に、国内では祝福の声が広がっている。

米プリンストン大で5日に開かれた記者会見後、報道陣に囲まれる真鍋淑郎さん(中央)=AP
米プリンストン大で5日に開かれた記者会見後、報道陣に囲まれる真鍋淑郎さん(中央)=AP

 【プリンストン(米ニュージャージー州)=船越翔】5日の受賞決定発表後に自宅で行われたインタビューで、真鍋さんは信子さんへの思いをこう述べた。「子供たちの面倒をよく見てくれ、研究に100%集中できた。感謝以外の何物でもない」

 真鍋さんの研究は、大気や海洋などに関する数値をコンピューターに入力し、その変化を予測していくもので、何度も実験を繰り返す根気のいる作業だ。

 活力になったのが信子さんの手料理だった。「和食や中華、イタリアン……。毎日、妻の料理を堪能している。私は最も恵まれた人間だ」と笑顔を見せた。

 車に関するエピソードも披露し、「私は運転がとても下手で、何か考え始めると信号に注意を払わなくなってしまう。でも、妻はとても運転がうまい」と照れ笑いを浮かべた。

「主人をいつもリスペクトしています」と笑顔で語った真鍋さんの妻、信子さん(米ニュージャージー州の自宅で)=船越翔撮影
「主人をいつもリスペクトしています」と笑顔で語った真鍋さんの妻、信子さん(米ニュージャージー州の自宅で)=船越翔撮影

 信子さんも報道陣の取材に応じ、研究に打ち込む真鍋さんについて、「私は主人をいつもリスペクト(尊敬)しています」と話した。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2422430 0 科学・IT 2021/10/06 15:00:00 2021/10/06 16:13:14 2021/10/06 16:13:14 「主人をいつもリスペクトしています」と笑顔で語る真鍋さんの妻、信子さん(5日朝、米ニュージャージー州の自宅で、船越翔撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211006-OYT1I50060-T-e1633502849346.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)