読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

有機分子で「不斉触媒」開発、2研究者にノーベル化学賞…インフル治療薬などの合成に応用

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ベンジャミン・リスト教授(ノーベル財団提供)
ベンジャミン・リスト教授(ノーベル財団提供)
デービッド・マクミラン教授(ノーベル財団提供)
デービッド・マクミラン教授(ノーベル財団提供)

 スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2021年のノーベル化学賞を、炭素からなる有機分子を用いた新たな「触媒」を開発した独マックス・プランク研究所のベンジャミン・リスト教授(53)、米プリンストン大のデービッド・マクミラン教授(53)の2人に贈ると発表した。

 特定の化学反応を促す触媒としては従来、金属が用いられてきた。2人は00年、小さな有機分子でできた新しい触媒をそれぞれ発表。白金やパラジウムなどを使った高価な金属触媒に比べて安価に製造でき、作りたい物質を少ない工程で生産できるため環境にも優しい特長がある。

 化合物には、右手と左手のように対称的な立体構造を持つものがある。2人が開発したのは片方だけを効率的に合成できる「 不斉ふせい 触媒」と呼ばれるタイプだ。現在、インフルエンザ治療薬や抗うつ剤など様々な医薬品の合成に応用が広がっている。

 今回の業績について、同アカデミーは「2人は先入観にとらわれず、化学者が長年苦しんでいた問題の解決を発見した」と評価した。

残り:261文字/全文:1000文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2423000 0 科学・IT 2021/10/06 18:58:00 2021/10/06 22:12:23 2021/10/06 22:12:23 独マックス・プランク研究所のベンジャミン・リスト教授(ノーベル財団提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211006-OYT1I50122-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)