読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

若田光一さん、クルードラゴンで5回目の宇宙へ…ISSに長期滞在

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宇宙航空研究開発機構( JAXAジャクサ )の若田光一飛行士(58)が、2022年秋頃に打ち上げられる米スペースX社の宇宙船「クルードラゴン」に搭乗することが決まった。末松文部科学相が12日午前の閣議後記者会見で発表した。若田さんの宇宙滞在は日本人最多の5回目で、国際宇宙ステーション(ISS)に半年ほど長期滞在する。

若田光一さん
若田光一さん

 若田さんは、米ボーイング社が開発中の新型宇宙船「スターライナー」に搭乗する可能性もあったが、開発が遅れており、野口聡一飛行士(56)らを運んだ実績があるクルードラゴンへの搭乗が決まった。末松文科相は「若田飛行士の能力が高く評価された結果だ」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2437351 0 科学・IT 2021/10/12 11:41:00 2021/10/12 11:41:00 2021/10/12 11:41:00 「日本の有人宇宙技術は米露に肩を並べた」と語る宇宙飛行士で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事の若田光一さん。日米露など15か国が参加する国際宇宙ステーション(ISS)の建設開始から20年を迎える。ISSに2度、長期間滞在し、船長も務めた宇宙飛行士で、JAXA理事の若田光一さんは、「日本は20年で有人宇宙技術を着実に獲得し、米露に肩を並べた」と語った。茨城県つくば市のJAXAで。2018年11月14日撮影。同月18日朝刊「日本の宇宙技術「米露に並ぶ」」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211012-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)