読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

京大霊長類研が解体へ…「ヒトとは何か」解明目指し、国内外の研究をリード

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 研究資金の不正支出が発覚した京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)について、京大が来年度からの組織再編を検討していることがわかった。研究機能は当面維持するが、将来的に解体し、半世紀以上の歴史を持つ「霊長類研究所」の名称もなくなる。10月中に正式決定する。

天才チンパンジーとして知られた京大霊長類研究所のアイ(2016年2月撮影)
天才チンパンジーとして知られた京大霊長類研究所のアイ(2016年2月撮影)

 関係者によると、組織再編では、専門分野の中核的な研究拠点である「 附置ふち 研究所」の位置付けから外す。その上で、現在の研究員は新たに発足させる研究センターのほか、野生動物研究センターなど既存の機関に移し、これまでの研究を続けるが、研究規模や研究費は今後縮小する方針だ。

 霊長研を巡っては、京大が昨年6月、チンパンジー飼育施設の整備で約5億円の不正支出が発覚したと発表。会計検査院は同年11月、京大の調査分を含めて約11億円の不適切な支出があったと指摘していた。

 これを受け、京大は今年3月、国内外の研究者が利用する研究拠点として、文部科学省が認定する「共同利用・共同研究拠点」の更新申請を見送るなど、霊長研の組織の見直しを進めてきた。

 霊長研は、1967年に発足。「ヒトとは何か」の解明を目指し、国内外の霊長類研究をリードしてきた。年報によると2019年度末時点で約150人の研究者らが所属し、約1100頭のサル類を飼育している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2445837 0 科学・IT 2021/10/15 12:33:00 2021/10/15 12:33:00 2021/10/15 12:33:00 チンパンジーのアイと退官する松沢哲郎・京都大学霊長類研究所教授(25日、愛知県犬山市で)=中根新太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211015-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)