読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

阿蘇山噴火は「水蒸気爆発」の可能性…専門家「とにかく近づかないで」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高さ3500メートルの噴煙を伴う噴火を起こした阿蘇山(熊本県)は火山活動が活発で、これまでにも毎年のように噴火してきた。2016年10月には噴煙が上空1万1000メートルまで上がったほか、19年5月、20年2月には高さ1700~2000メートルの噴煙を伴う噴火が発生した。

 気象庁・火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣元会長(東京大名誉教授)は、「過去の噴火と比較しても際立って大きな規模ではないが、数日前にも噴火が起きており、噴火を繰り返す可能性がある。今回は火砕流が1キロに達しているということだが、それ以上の規模になる恐れがある。とにかく近づかずに注意してほしい」と呼びかける。

気象庁の監視カメラが撮影した熊本県・阿蘇山の中岳の噴火=気象庁提供
気象庁の監視カメラが撮影した熊本県・阿蘇山の中岳の噴火=気象庁提供

 阿蘇山に詳しい巽好幸・神戸大名誉教授(マグマ学)は「今回のような噴火は阿蘇山にとっては日常的なもので、地下に存在する『マグマだまり』で特に大きな異常は見つかっていない。ただ、マグマの状況は精密に捕捉できないため、警戒を続ける必要がある」と話した。

 火山活動に詳しい石原和弘・京都大名誉教授(火山物理学)によると、今回の噴火は「水蒸気爆発」の可能性があるという。地下にたまったマグマの熱で、地下水が水蒸気となって爆発するもので、「阿蘇山では10~20年に1回程度、今回くらいの規模の噴火が起きている」と指摘した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2457168 0 科学・IT 2021/10/20 14:21:00 2021/10/20 20:45:02 2021/10/20 20:45:02 気象庁の監視カメラが撮影した熊本県・阿蘇山の中岳の噴火=気象庁提供 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211020-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)