読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

測位衛星「みちびき」搭載のH2Aロケット、打ち上げを延期…天候悪化の予想で

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三菱重工業は23日、種子島宇宙センター(鹿児島県)で25日に予定していたH2Aロケット44号機の打ち上げを延期することを決めた。天候の悪化が予想されるためで、翌26日午前11時~正午の打ち上げを目指す。

 H2A44号機には、日本版GPS(全地球測位システム)を目指す測位衛星「みちびき」が搭載されている。誤差6センチ以内の高精度な位置情報を提供できるみちびきは現在、4基体制で運用中。2010年に打ち上げた初号機が設計寿命を超えたため、後継機に更新する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2465481 0 科学・IT 2021/10/23 18:30:00 2021/10/23 18:30:00 2021/10/23 18:30:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)