日本版GPS実現目指し、測位衛星「みちびき」搭載のH2Aロケット打ち上げ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本版GPS(全地球測位システム)を目指す測位衛星「みちびき」を搭載したH2Aロケット44号機が26日午前11時19分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。宇宙空間で切り離され、11月上旬には地上から最大約3万6000キロの 楕円だえん 形の軌道に到達する。

種子島宇宙センターから打ち上げられるH2Aロケット44号機(26日午前11時19分、鹿児島県南種子町で)=小山田昌人撮影
種子島宇宙センターから打ち上げられるH2Aロケット44号機(26日午前11時19分、鹿児島県南種子町で)=小山田昌人撮影

 内閣府によると、高精度な位置情報を提供できるみちびきは4基が運用中で、今回打ち上げた1基は老朽化した初号機と交代する。2022年3月から本格運用される。内閣府は今後も打ち上げを進めて7基体制とし、日本独自の衛星測位システムを実現する計画だ。

 打ち上げは当初、25日午前に予定されていたが、気象条件の悪化が予想されたため延期されていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「科学・IT」の最新記事一覧
2471001 0 科学・IT 2021/10/26 11:42:00 2021/10/26 13:34:02 2021/10/26 13:34:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211026-OYT1I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)