性質不明のオミクロン株…マスク着用せずドア開け、向かい部屋の1人が感染か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 オミクロン株の感染力や重症化のしやすさなどの詳しい性質は、判明していない。ただ、各国での感染事例の報告などで、インド由来のデルタ株より感染力が強い可能性も指摘されている。

 南アフリカでは、流行していたベータ株が6月にほぼデルタ株に置き換わった。11月以降にはオミクロン株が急増してデルタ株から置き換わり、同月15日時点で75%以上に達した。ヨハネスブルクのある同国ハウテン州では、同12~20日に調べた77検体が、すべてオミクロン株だった。欧州疾病対策センターは「著しい感染性の高さが懸念される」と、強い警戒感を示す。

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 香港では、検疫用ホテルに滞在していた2人の感染が確認された。南アに渡航歴のある無症状の1人が、マスクを着用せずにドアを開け、向かいの部屋にいたもう1人に感染させた可能性があるという。

 米国の研究チームは、人間の細胞に結合する新型コロナウイルス表面の突起に20か所の変異を入れると、免疫の攻撃から逃れやすくなるとの実験結果を報告した。オミクロン株は突起だけで約30か所の変異があり、ワクチンや抗体医薬の効果が落ちたり、再感染したりする恐れがある。

 北里大の中山哲夫特任教授(臨床ウイルス学)は「まだデータは限られており、慎重に性質を見て判断すべきだが、変異の多さからみて感染しやすい可能性はある。水際対策や国民のワクチン接種をしっかり進めることが重要だ」と話す。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2557502 0 科学・IT 2021/11/29 19:53:00 2021/12/01 22:13:42 2021/12/01 22:13:42 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真。国立感染症研究所提供。外部著作権ですが、報道利用可能。ただしトリミング不可。撮影年月日不明。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211129-OYT1I50103-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)