異例の居住国表彰、真鍋淑郎さんにノーベル賞メダルと賞状授与

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】気候変動の数値予測の道を開き、今年のノーベル物理学賞に決まった真鍋 淑郎しゅくろう ・米プリンストン大上席研究員(90)らを表彰する式典が6日午後(日本時間7日早朝)、ワシントンの米科学アカデミーで開かれた。真鍋さんは、スウェーデンのカリン・オロフスドッター駐米大使から同賞のメダルと賞状を授与された。

米科学アカデミーで開かれた式典で、ノーベル賞のメダルを授与された真鍋淑郎さん(左、米科学アカデミーの動画から)
米科学アカデミーで開かれた式典で、ノーベル賞のメダルを授与された真鍋淑郎さん(左、米科学アカデミーの動画から)

 日本人のノーベル賞受賞は2年ぶり28人目(うち米国籍での受賞は、真鍋さんを含めて3人)。物理学賞の受賞は、2015年の梶田隆章・東京大卓越教授に続いて12人目となった。真鍋さんは式典後、「大変ハッピーです。(メダルは)結構重くて、素晴らしいですね」と笑顔で語った。

米ワシントンのスウェーデン大使館で開かれたシンポジウムで話す真鍋淑郎さん(SwedeninUSAの動画から)
米ワシントンのスウェーデン大使館で開かれたシンポジウムで話す真鍋淑郎さん(SwedeninUSAの動画から)

 真鍋さんは1950年代後半からコンピューターを使って気候変動を予測する数値モデルの研究に取り組み、二酸化炭素などの増加によって、地球規模で気温上昇が起きることを世界に先駆けて示した。モデルはさらに改良が続けられ、90年には国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第1次評価報告書も執筆した。

 これらの業績は、人間活動による温暖化の影響を探る研究の礎となり、世界各国が取り組む温暖化対策の科学的根拠となった。

 授賞式は、ノーベル賞の創設者アルフレッド・ノーベルの命日にあたる10日にストックホルムで開かれる。2年連続で新型コロナウイルス対策のため、受賞者は出席せず、それぞれの居住国で表彰を受ける異例の形での受賞となった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2576243 0 科学・IT 2021/12/07 05:29:00 2021/12/07 17:13:24 2021/12/07 17:13:24 米科学アカデミーの式典で、ノーベル賞のメダルを授与された真鍋淑郎さん(左、米科学アカデミーの動画から) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211207-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)