90歳同級生「しゅくやんの立派な姿、元気もらった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 気候変動予測の道を開き、今年のノーベル物理学賞に決まった真鍋淑郎・米プリンストン大上席研究員(90)らを表彰する式典が6日午後(日本時間7日早朝)、ワシントンの米科学アカデミーで開かれた。

     ◇

式典の中継を見て拍手を送る大岡武重さん(手前左)と地元の人たち(7日午前5時23分、愛媛県四国中央市で)=近藤誠撮影
式典の中継を見て拍手を送る大岡武重さん(手前左)と地元の人たち(7日午前5時23分、愛媛県四国中央市で)=近藤誠撮影

 真鍋さんが高校時代まで過ごした愛媛県四国中央市新宮町の温泉施設では、ノーベル賞受賞者を表彰する式典のパブリックビューイングが行われ、約50人が快挙を祝った。メダルを受け取る真鍋さんの姿が大型スクリーンに映し出されると、大きな拍手が起こった。

 小学校時代の同級生、大岡武重さん(90)は「しゅくやんの立派な姿を見てすごく元気をもらった。心からおめでとうと伝えたい」と祝福。新宮公民館長の 出水いでみず 武美さん(74)は「真鍋さんの活躍のおかげで、地元が『世界の新宮町』となった気分。心から誇りに思う」と喜んだ。

 地元で製茶場を経営する脇 斗志也としや さん(60)は「帰国したら古里に 凱旋がいせん して、地元の子どもたちに夢と希望を与えてもらいたい」と期待した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2576773 0 科学・IT 2021/12/07 10:44:00 2021/12/07 11:56:42 2021/12/07 11:56:42 真鍋淑郎さんのノーベル物理学賞の表彰式の中継を見る真鍋さんの同級生の大岡武重さん(手前左)ら(7日午前5時23分、愛媛県四国中央市で)=近藤誠撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211207-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)