前沢友作さん、ISSに到着…日本の民間人で初の滞在へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=田村雄】実業家の前沢友作さん(46)らが搭乗したロシアのソユーズロケットが8日午後0時38分(日本時間午後4時38分)、中央アジア・カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、前沢さんらは約6時間かけて国際宇宙ステーション(ISS)に到着した。ISS滞在は日本の民間人では初めてとなる。

 前沢さんは8日、打ち上げを前に自身のツイッターに、「夢はかなう」「行ってきます」などと投稿した。ロシア国営の宇宙機関「ロスコスモス」が配信した映像では、笑顔で両手を振り、ロケットに乗り込んだ。

 ロスコスモスによると、ソユーズは打ち上げから約9分後にロケットから切り離され、予定の軌道に入った。宇宙船は日本時間8日午後10時40分頃にISSにドッキングした。

 前沢さんはISSに12日間、撮影などを担当する平野陽三さん(36)とともに滞在し、今月20日に地球に帰還する計画だ。ISSでは、事前にSNSで募集した約100項目の「ミッション」を実施する。無重力の中で卓球や散髪を行う様子などを動画で撮影し、ユーチューブで配信するほか、ISSから世界各地の名所を撮影することなども想定しているという。

スクラップは会員限定です

使い方
「科学・IT」の最新記事一覧
2580874 0 科学・IT 2021/12/08 16:44:00 2022/01/06 17:00:03 2022/01/06 17:00:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)