南海トラフ巨大地震、40年以内の発生確率「90%程度」に引き上げ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府の地震調査委員会は13日、国内で可能性のある地震の最新の発生確率(1月1日現在)を公表し、南海トラフで今後40年以内にマグニチュード8~9級の地震が発生する確率を、前年の「80~90%」から「90%程度」に引き上げた。

 周期的に発生する地震の場合、地震が起きていない期間が長くなるほど発生確率が上がる。一方で10年以内では「30%程度」、30年以内では「70~80%」の発生確率とし、各評価を前年のまま据え置いた。

 東京大学名誉教授の平田 なおし ・委員長は「日本は世界的にみて地震が起きやすい場所だ。どこで起きてもおかしくないので備えを進めてほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2671843 0 科学・IT 2022/01/13 19:19:00 2022/01/22 09:02:42 2022/01/22 09:02:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220113-OYT1I50113-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)