ネアンデルタール人には「生存に有利な遺伝子」…現代の日本で持つのは「13%の人」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 絶滅した旧人「ネアンデルタール人」は飢餓状態で生存に有利な遺伝子を持っていたとする研究成果を、米国などの研究チームが発表した。この遺伝子は現代人では一部しか持っておらず、過去の環境の変化などで失われた可能性があるという。

 ネアンデルタール人は、化石に含まれるDNAの解析から、成長ホルモンが結合する細胞の仕組みの遺伝子に変異があるが、詳しい働きはわかっていなかった。

 チームがアフリカ南部マラウイで栄養失調の子供176人を調査したところ、変異を持つ子供の方が重症化する割合が35%低かった。また、変異を持つマウスの食事を低カロリーにすると、オスの体がメス並みに小さくなったという。

 これらからネアンデルタール人は、飢餓状態に襲われた際、変異の働きでエネルギーを節約し生き延びた可能性があるという。

 現代人では、集団によって変異を持つ人の割合に差があり、アフリカでは48%、欧州では31%、日本では13%だったという。チームの中心メンバーで現在はノルウェー生命科学大の斉藤真理恵さんは「現代人は、食料を安定確保できるようになったことで変異の有利性が失われ、集団間で割合の差が生まれたのでは」と推測する。成果は、科学誌「サイエンス・アドバンシズ」に発表した。

 太田博樹・東京大教授(ゲノム人類学)の話「現生人類と絶滅人類のゲノムを比較することで、進化にどういう生物学的理由があったのか議論する方法論が新しい」

スクラップは会員限定です

使い方
「科学・IT」の最新記事一覧
2682882 0 科学・IT 2022/01/18 13:49:00 2022/01/18 17:21:52 2022/01/18 17:21:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220118-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)