歴史的化学論文大賞に野依良治氏と福井謙一氏の論文…米学会が選出

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 化学分野などで歴史的な成果を記した論文に米国化学会が贈る「歴史的化学論文大賞」に、いずれもノーベル化学賞受賞者の野依良治・名古屋大特別教授(83)と福井謙一氏(京都大教授、1998年死去)の論文が選ばれた。名古屋大などが20日、発表した。アジアの研究機関発の成果で選ばれたのは、初めてだという。

野依良治氏
野依良治氏

 歴史的化学論文大賞は、2006年に創設。これまでに、アボガドロの分子説(1811年)、ワトソンとクリックによるDNAの二重らせん構造に関する論文(1953年)などが選ばれている。賞は、成果を収めた研究者が所属していた研究機関に授与される。

福井謙一氏
福井謙一氏

 野依氏の論文は、右手と左手のように左右対称な立体構造を持つ化合物のうち、有用な片方だけを合成できる「 不斉ふせい 触媒」に関するもので、1987年に米化学会誌に掲載された。

 一方、福井氏の対象論文は、たくさんの電子の中に、最前線(フロンティア)で主要な働きをする特定の電子がある「フロンティア電子理論」を提唱したもので、52年に発表された。いずれもノーベル化学賞受賞につながる重要な業績だ。

 野依氏は、20日の記者会見で「とても光栄だが、偉大な受賞論文リストの中に入るのは、恐縮するところでもある。研究機関をたたえることで、長期的な視点で若い研究者が育成されることを祈っている」と、喜びを語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「科学・IT」の最新記事一覧
2689945 0 科学・IT 2022/01/20 20:14:00 2022/01/21 00:35:35 2022/01/21 00:35:35 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220120-OYT1I50125-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)