ファイザー製ワクチンで3回目接種、「抗体価」が2回目後の2・4倍に上昇…川崎医科大チーム

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米ファイザー製の新型コロナワクチンの3回目接種を受けた人は、ウイルスを攻撃する抗体の量を示す「抗体価」が2回目接種後の2・4倍に上昇したと、川崎医科大(岡山県倉敷市)のチームが27日、発表した。3回目については、海外の研究で発症や重症化を防ぐ効果が高まるとの報告があるが、日本人でも同様の効果が裏付けられた形だ。

正恩氏「指導幹部の態度や緩み、重大な結果を招いた」…新たに23万人発熱
ファイザー製のコロナワクチン
ファイザー製のコロナワクチン

 3回目接種は昨年12月から、医療従事者らから優先して進められ、26日時点の全人口に対する接種率は2・5%(約315万人)。

 チームは、大学などに勤務し、3回ともファイザー製ワクチンの接種を受けた医療従事者約500人(20~70歳代)を対象に、3回目4週間後の抗体価を調べたところ、2回目4週間後との比較で240%まで上昇していた。

 3回目を受けた250人を対象に副反応について聞いたところ、発熱は36%で、2回目(31%)より高かった。一方、接種した部分の痛みや赤み、腫れは3回目の方が低く、チームの大平伸講師(感染症学)は「3回目の副反応は2回目とほぼ同程度だろう」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「科学・IT」の最新記事一覧
2709503 0 科学・IT 2022/01/27 20:51:00 2022/01/28 00:18:38 2022/01/28 00:18:38 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220127-OYT1I50134-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)