「ファーストスター」に現実味…129億光年離れた星観測、NASAが40億光年更新

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 地球から129億光年離れた星を米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡で観測したと、千葉大などの国際研究チームが発表した。銀河ではない星単独の観測は、これまで90億光年が最遠方の記録だったが、それを約40億光年更新した。論文が31日、科学誌ネイチャーに掲載された。

ハッブル宇宙望遠鏡で撮影された画像。矢印で示している小さな星がエアレンデル(NASA、ESAなど提供)
ハッブル宇宙望遠鏡で撮影された画像。矢印で示している小さな星がエアレンデル(NASA、ESAなど提供)

 1光年は光が1年間に進む距離で、天文観測では、より遠くを見るほど昔の星や銀河を観測していることになる。今回観測した星は、138億年前の宇宙誕生から9億年たった初期の星になるという。チームはこの星を、古い英語で「明けの明星」を意味する「エアレンデル」と命名。太陽に比べ、質量が少なくとも50倍、明るさは100万倍以上と推定している。

 ハッブルより高性能なジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が昨年打ち上げられ、今後の観測に使われる予定だ。チームの大栗 真宗まさむね ・千葉大教授(宇宙物理学)は「ウェッブで、この星の温度や成分を明らかにしていきたい」と話している。

  播金はりかね 優一・東京大助教(天文学)の話「遠方の直接観測が可能になり、宇宙で最初に誕生したファーストスター(初代星)の観測が現実味を帯びてきた」

スクラップは会員限定です

使い方
「科学・IT」の最新記事一覧
2882397 0 科学・IT 2022/03/31 14:04:00 2022/03/31 14:04:00 2022/03/31 14:04:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220331-OYT1I50076-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)