現在主流「BA・2」の重症化リスク、第6波の「BA・1」と同程度…オミクロン株

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスのオミクロン株のうち、現在主流の「BA・2」の病原性(重症化リスク)は、第6波(今年1~3月)を引き起こした「BA・1」と同程度だったとの動物実験の結果を、東京大や国立感染症研究所などのチームが発表した。論文が科学誌「ネイチャー」に掲載された。

上海ディズニーランド、3か月ぶり再開…仕事休んだ公務員女性「うれしくて眠れなかった」
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供

 河岡義裕・東大特任教授(ウイルス学)らのチームが、患者から取ったウイルスをマウスとハムスターに感染させて調べた。いずれのウイルスでも体重の減少はみられず、肺炎の程度も軽いなど、重症化させる力に大きな差は見られなかった。感染力はBA・2の方が強いことがわかっている。

 チームは治療薬の効果についても検証。国内で点滴として使われている抗体医薬や、飲み薬の抗ウイルス薬の計4種類のほか、塩野義製薬が開発中の薬の候補でも、肺でのウイルスの増殖を約150分の1~約10万分の1に抑えられた。

 河岡特任教授は「BA・2の病原性は特に強くなっているわけではない。治療薬を十分に供給できる環境が整い、早期の治療が可能になれば、人々は通常の生活を送れるようになるだろう」と指摘しつつも、十分な感染対策を続けるよう呼びかけている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「科学・IT」の最新記事一覧
3018940 0 科学・IT 2022/05/21 18:38:00 2022/05/22 00:54:42 2022/05/22 00:54:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220521-OYT1I50083-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)