野口聡一さん「搭乗を待つ後輩や新人飛行士に道譲る」…JAXA退職で記者会見

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宇宙飛行士の野口聡一さん(57)は25日、宇宙航空研究開発機構( JAXAジャクサ )を6月1日付で退職し、今後は研究機関などでの活動を中心にしていくと発表した。

記者会見する野口飛行士(25日午後、東京都千代田区で)=大石健登撮影
記者会見する野口飛行士(25日午後、東京都千代田区で)=大石健登撮影

 野口さんは東京都内で記者会見を開き、「搭乗を待っている後輩宇宙飛行士、新たに選抜が始まった新人宇宙飛行士に道を譲りたいと考え決断した」と退職の理由を説明。今後について、「研究機関などを中心に一民間人の立場で宇宙に関わりたい。次の世代を育成していく手伝いができたらいい」と述べた。

 野口さんはこれまで3回宇宙に滞在。国際宇宙ステーション(ISS)の滞在時間(335日17時間56分)や、ISSの船外活動の回数(4回)で日本人飛行士の記録を更新するなど、活躍してきた。2020~21年のISS滞在時には、米国の新型民間宇宙船「クルードラゴン」に日本人として初めて搭乗した。

 野口さんは21年からは東京大先端科学技術研究センターで特任教授を務めている。

スクラップは会員限定です

使い方
「科学・IT」の最新記事一覧
3029467 0 科学・IT 2022/05/25 14:56:00 2022/05/26 00:38:02 2022/05/26 00:38:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220525-OYT1I50114-T-e1653466865401.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)