京都府南部で震度4~3の地震頻発、なぜ?…「研究者から見ると特異な現象」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 3月末以降、京都府南部を震源とする最大震度4~3の地震が4回起きた。地震の規模を示すマグニチュード(M)は4・1~4・4で、内陸型の群発地震とみられているが、府内でM4級の地震が短期間で頻発するのは、珍しいという。現時点では、活断層の影響や巨大地震につながる現象なのかわかっていない。(増田弘治、川本修司)

2か月弱で14回

 一連の地震の始まりは3月31日午後11時半頃。京都地方気象台によると、亀岡市と京都市伏見区で震度4(M4・4)を記録した。4月25、30日の午後に震度3が計2回、5月2日午後10時20分頃には震度4(M4・4)が再び起きた。震度1~2は、今月21日までに10回を数えている。

 5月9日まで13回の震源は亀岡市北部の農地が広がる地域に集中している。震源の深さは12~14キロと比較的浅いことから、内陸部の活断層や岩盤などで発生する「直下型」とも呼ばれる内陸型の群発地震とみられている。

メカニズム不明

 京都大防災研究所の飯尾能久教授(地震学)は「震度4~3の地震で規模がほとんど変わらないことから、大きな地震の後に小さな余震が続くタイプとは考えにくい。研究者から見ると特異な現象で、短い間にM4級が頻発するのも府内では過去50年では例がなく、注目している」と語る。今回以前にM4級が府内で頻発したのは半世紀前、1968年8月18日に起きた京丹波町付近が震源の「和知地震」(M5・6、最大震度4)の後で、12月19日までにM5級1回を含む計8回を記録したという。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「科学・IT」の最新記事一覧
3040158 0 科学・IT 2022/05/29 18:27:00 2022/05/29 20:05:34 2022/05/29 20:05:34 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220528-OYT1I50138-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)