お似合いの相手をAIが「週1回紹介」、県導入の新システムでカップル倍増

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 茨城県が運営にかかわり、結婚を希望する人たちを支援する「いばらき出会いサポートセンター」が実績を伸ばしている。2021年4月から、AI(人工知能)が相性の良い相手を紹介するシステムを導入。来所せずにスマートフォンなどで相手探しができるようにもした。21年度のお見合い件数と、そこから交際に発展したカップルの数は、20年度に比べともに倍増した。

 「どちらの行動をとる人が、付き合った際や結婚後に『我慢できない』と思う可能性が高いか」

「いばらき出会いサポートセンター」の利用を呼びかける相談員の女性(水戸市で)
「いばらき出会いサポートセンター」の利用を呼びかける相談員の女性(水戸市で)

 AIを活用したマッチングではこうした112問に回答し、自分の価値観などを診断。その結果とプロフィル、相手に求める条件を基に、交際可能性が高そうな相手を週1回のペースで紹介してくれる。

 以前はセンターの端末で相手の登録情報を自分で検索し、お見合いを申し込む方法だった。AIでは自分で選ぶのとは別の視点で、相性の良い人を見つけることができる。AIの紹介で10組(5月31日現在)が成婚した。利用者からは「消極的な自分には、AIがオススメしてくれて助かった」「驚くくらいに気が合い、すぐにひかれ合った」などの声が寄せられた。

 センターは、少子化の要因とされる未婚化や晩婚化対策として、県と県労働者福祉協議会が06年に共同で設立した。現在は一般社団法人化され、県は引き続き運営にかかわっている。開設から16年で、成婚数は約2500組に上る。

 センターでは、昨年4月以降、新たな取り組みを行ってきた。同時期に、複数の人とお見合いや交際ができるようにした。出会いの可能性を広げる狙いだ。同9月からは、オンラインお見合いを導入した。

 20年度は新型コロナウイルスの影響で一時センターを閉所するなどしたため、お見合い件数は1114件と前年度より減少していたが、21年度はこうした取り組みの結果、2257件と倍増。交際開始組数も、415組(20年度)から930組(21年度)と2・2倍に増えた。

 一方で、課題も残る。今年6月1日現在の会員数は男性が1601人、女性が791人と大きく差がある。県が関与している「安心感」や料金の安さ、相談員のサポートなどメリットを強調し、女性の会員増につなげたい考えだ。センターの担当者は「利用しやすくなっているので、結婚を希望する人は入会を検討してほしい」と呼びかけている。

スクラップは会員限定です

使い方
「科学・IT」の最新記事一覧
3109450 0 科学・IT 2022/06/24 08:00:00 2022/06/24 08:06:12 2022/06/24 08:06:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220623-OYT1I50179-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)