レーダー照射、小野寺氏「近接飛行にすり替え」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 小野寺五典・前防衛相と洪●・元駐日韓国公使は5日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、韓国海軍による火器管制レーダー照射問題について議論した。(●は、「火かんむり」に火)

 韓国側は、海上自衛隊哨戒機が低空で威嚇飛行したと主張している。これについて、小野寺氏は「韓国側はレーダーを照射したと言っていたのに、最後は日本側が近接飛行をしたと話をすり替えてきた」と指摘した。洪氏は「なぜ韓国軍が哨戒機を脅威に感じたのか疑問で、(韓国政府が)そう発表させたのかなという印象だ」と述べ、文在寅ムンジェイン政権の意向が働いているとの考えを示した。

無断転載禁止
425707 0 深層PLUS 2019/02/05 23:02:00 2019/02/05 23:02:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ