読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[東日本大震災10年 秘話]<2>帰宅困難7万人守った「夢の国」、けが人1人も出さず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「寒いですから、これ、お尻の下に敷いてください」

 2011年3月11日、震度5強の揺れに襲われた千葉県浦安市の東京ディズニーランド。人気アトラクションのお化け屋敷「ホーンテッドマンション」のアルバイトスタッフだった田守桃子さん(38)は、とっさの判断で裏手に走った。小雨の降る、まだ寒い3月。その場にあった段ボールを手に戻ると、屋外に避難した来園者らに配って回った。

 誰かに指示されたわけでも、責任者に了解を取ったわけでもない。

 「迷ったら来園者の安全を優先させる、という教えを実行しました」と、田守さんは振り返る。

 金曜日だったこの日、東京ディズニーランドと、隣接する東京ディズニーシーは、春休みの大学生や家族連れらでにぎわっていた。

 来園者は両園合わせて約7万人。迎えるスタッフは「キャスト」と呼ばれ、計約1万人いた。その9割が、田守さんのようなアルバイトだ。園内の至る所でそれぞれ自分で考えて動いた。

 シャンデリアの下は危ないので通らせない、防災頭巾代わりに売り物のぬいぐるみを配る……。

 「夢と魔法の国は、不安があってはいけない。そういう意識だった」。「スプラッシュ・マウンテン」などがあるエリアの当日統括者だった中島考行さん(55)は言う。しかしなぜ、皆がそんなにてきぱきと動けたのか。

 両園を運営するオリエンタルランドは1995年の阪神大震災の後、「冬の午後6時、震度6強、来園者10万人」という過酷な設定で、実に年180回の防災訓練を重ねていた。キャストたちは日々、「もし大地震が来たら……」と想像し、自分に何ができるかを考え続けてきたという。

 この日の来園者のうち、電車の運休などで帰宅困難となった約2万人が園内で一晩を過ごした。深夜まで見回りや誘導を続けた田守さんはアトラクションの一角でメイドのコスチュームのままアルミブランケットに身を包み、眠りについた。

 翌12日。来園者らが園の外に一歩出ると、道路は陥没して泥水が噴き出し、マンホールが地面から飛び出していた。しかし、ランドでもシーでも、ケガ人は一人も出なかった。

残り:3029文字/全文:3910文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1761517 0 企画・連載 2021/01/11 05:00:00 2021/01/11 09:16:45

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)