読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[東日本大震災10年 秘話]最終回<6>犠牲 大川小 設計者の思い 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

児童、教職員計84人が死亡・行方不明となった大川小の校舎(2011年4月11日)
児童、教職員計84人が死亡・行方不明となった大川小の校舎(2011年4月11日)

 宮城県石巻市の市立大川小学校で起きたのは、悪夢のような出来事だった。遺体で見つかった児童は70人。10人の教職員も死亡し、児童4人はいまも見つかっていない。東日本大震災の津波が、北上川を4キロ近く逆流し、逃げ遅れた教職員と児童の列に襲いかかった。

 周囲にあった約100戸の集落は消え、いまは独特のカーブを描く校舎だけが残る。設計を手がけた建築家を訪ねた。構想で終わったある計画について語り始めた。

校舎裏山に幻の「教室」

大川小の校舎を設計した建築家の北沢興一さん(昨年11月、東京都渋谷区で)
大川小の校舎を設計した建築家の北沢興一さん(昨年11月、東京都渋谷区で)

 避難誘導の遅れから、多くの児童が犠牲になった宮城県石巻市の市立大川小学校の悲劇。1985年開校のモダンな校舎を設計したのは、東京都の建築家北沢興一さん(83)だ。

 東京・内幸町の旧帝国ホテルの設計に携わり多くの日本人建築家を育てたことで知られるアントニン・レーモンド(1888~1976年)に師事し、四ツ谷の上智大キャンパスや、池袋の立教大の女子寮などを手がけた。妻が旧河北町(現石巻市)の出身だったのが縁で、町から設計を依頼されたのだという。

 「子供たちに喜んで使ってもらえる校舎」をイメージして図面と向き合った。台形の教室間の壁を可動式にし、クラスをまたいで共同で学べる仕組みを取り入れた。外壁には特注の素焼きタイル。天井は通常より2メートル高くし、2階の教室は5メートル超にした。大きな窓から光がたくさん入る気持ちのよい校舎が仕上がった。

 その開校から26年後、震災が起きた。大川小に通うたくさんの児童が津波の犠牲になったことを知った。北沢さんの脳裏にすぐ、四半世紀前に着想したあの計画の記憶がよみがえった。

 校舎の外に出た子供たちが、北上川や自分たちの暮らす街を眺めながら、自然や社会について学ぶ「野外教室」の計画だ。校舎の裏山に遊歩道を作り、高さ10メートル超の場所にあずま屋を築いてはどうかと考えた。町の感触は悪くなかったが、裏山は私有地。この計画が設計図に取り込まれることはなかった。

 開校式に出席した日、真新しい校舎の中を駆け回っていた児童たちの笑顔が浮かぶ。大川小を襲った津波の推定の高さは8・6メートル。「今さら言っても仕方ないけど、あずま屋があれば、児童たちは山に登って助かったのではないか」

 北沢さんが子供たちのために設計した大川小は、この春から、悲劇の震災遺構として公開されることになっている。

画像をクリックすると拡大イメージ(PDF)をご覧いただけます。

避難先迷い 校庭に50分…「山さ逃げよう」「津波ここまで来ない」

裏山登らず 川方面へ

裏山に通じるルートの一つ。斜面は急ではない(昨年10月)
裏山に通じるルートの一つ。斜面は急ではない(昨年10月)

 宮城県石巻市の市立大川小学校を設計した建築家北沢興一さん(83)は、東日本大震災の発生から1か月ほどたった時期、東京から被災地に入り、同校の敷地に足を踏み入れていた。ずっと感じていた疑問に答えを見つけたかったからだ。なぜ、すぐ近くにある裏山に逃げなかったのか? 最高裁まで争われた「大川小の悲劇」最大のポイントは、ここにある。

 寸断された道路を迂回うかいし、ようやくたどり着いた。校庭も校舎の中も、がれきだらけだった。体育館と校舎をつなぐガラス張りの渡り廊下は横倒しになり、それを支えていた柱は、根元から折れていた。取材中の外国人記者に呼び止められ、学校との関係を聞かれたが、北沢さんは明かすことなく、無言のまま通り過ぎた。

 「野外教室」を構想した裏山を目指した。近づくと、砂の痕が見え、津波が到達していなかったことが分かる。登れない場所ではないとも改めて感じる。誘導されるまま津波にのまれた児童を思うと、胸が締めつけられた。「学校には、地域のお年寄りも多く集まっていたと聞く。みんなで裏山に逃げるという判断にならなかったのかもしれない」

崖崩れ恐れ 反対意見

 当日の石巻市の震度は6強。児童たちは机の下に隠れ、揺れがいったん収まると校庭に移動した。訓練通りの行動だが、避難マニュアルに明確に書かれていたのは、ここまでだった。

 午後3時の気温は1・4度。みぞれや雪が降る中、教職員たちは余震におびえる児童たちをなだめ、トイレへも付き添った。迎えに来た保護者や、地域の避難場所でもある同小にやって来た住民の対応も始まった。

 民事訴訟の判決などによれば、裏山への避難を提案する教諭もいた。毎春、シイタケ栽培の体験学習を行う場所でもある。「津波が来るから、裏山に逃げて」と求める保護者や、「山さ逃げよう」と訴える児童もいたという。

 しかし、裏山では8年前に崖崩れが起き、県から土砂災害警戒区域に指定されており、反対する意見もあった。不在の校長に代わって指揮をとる教頭(故人)が、地元の区長(同)に相談すると、「津波が来るはずがない」と返していたとの証言もある。

 避難が始まったのは午後3時35分頃だ。沿岸部で津波を目撃した市の広報車が、避難を呼びかけて通過した直後。校庭に集まってから約50分がたっていた。

 教諭たちは、学校より標高が約6メートル高い、川近くの「三角地帯」を避難先に選んだ。最短距離のルートを進もうとして失敗したのか、住宅の間を抜けて移動中、北上川を逆流してきた津波にのまれた。11人いた教職員のうち8人は、大川小での勤務経験が2年未満の先生たちだった。

 保護者たちは現場を捜索し、がれきをどかし、土を掘り、遺体を見つけた。数があまりに多く、安置所に運べないため、あの三角地帯に並べるしかなかった。生存した教員や児童から聞き取りした石巻市に報告を求めたが、納得いく返答はない。不信感を強めた遺族たちは3年後、市と県を相手に民事訴訟を起こした。

 判決は、仙台地裁、仙台高裁ともに遺族勝訴だった。地裁は1~2分で逃げられる裏山への三つの避難ルートを示し、教員らが誘導しなかった点に過失があると指摘。高裁は約700メートル先の山を指定しておけば、地震直後に避難を開始でき、津波を回避できたとした。

 校舎は震災遺構として整備され、4月から一般公開される。校舎の中は出入りできず、写真などを展示する管理棟から遠巻きに見学する形になる。かつて住宅街だった周囲も、広場や鎮魂の場所になる。遺構化は、遺族全員が賛同したわけではない。裁判の原告も、犠牲になった児童74人のうち、23人の遺族だ。「見るのがつらいから壊してほしい」との声もある。いまも我が子を捜し続ける親もいる。

 なかでも悲しみが募る「遺構」は、震災後もそのまま残る裏山かもしれない。急勾配とも思えないその斜面も見ていると、難なく逃げおおせた児童たちの姿が浮かんでくる。大川小を設計した北沢さんはいまも、細い道を登って裏山から見た、おだやかな北上川が忘れられないという。

命守る判断 現場手探り

 「大川小の悲劇」は、教育現場で働く教諭や管理職にとって二重の衝撃があった。児童を預かる責任と判断の重さ。そして、学校には高度な防災知識と経験が求められると裁判所から指摘されたことだ。各地で防災体制の見直しなどが進んでいるが、迷いもみえる。

 伊豆半島先端にある静岡県下田市の市立朝日小。発生が確実視されている南海トラフ地震で、高さ6メートルの津波が20分足らずで到達するとされる。海までは1キロと離れていない。すでに海抜26メートルの校舎の裏山を避難場所にしていたが、昨年、学校から約500メートル先にある高台の住宅地を加えた。19年秋の台風で裏山につながる道がふさがれたことがきっかけだった。

 「大川小を考えると、自分があの場でどう判断できるかとの思いがある」と佐藤知佐子校長(58)。「今回の避難先の追加も、災害が起これば、かえって判断を迷わせるのかもしれない。それでも備えはいくつあってもいいはず」

 大川小はいま、追悼の場であると同時に、全国の学校関係者の視察先にもなっている。宮城県教育委員会は昨年、校長研修に同小の視察を取り入れた。参加した女性校長(50)は震災当時、石巻市の小学校に勤務していた。山への避難が良策と思ったが、管理職の判断は学校待機。津波被害には至らず寒さがしのげ、結果的に管理職の選択は正しかったという。

 女性校長は、「大川小では、どうすればよかったのか、正解は分からないし、自分はどう行動できたかと考える。通学路やプールなどの事故対策で子供たちを守る自覚はあったが、災害で子供の命を失う想定などなかった」と打ち明ける。「大川小を『遠い地域のこと』と思っている人がいるとしたら間違い。全国の学校が真剣に学んでほしい」

 県教委は新年度、新任教職員研修でも同小視察を取り入れる予定だ。

取材・松下聖

無断転載・複製を禁じます
1771451 0 企画・連載 2021/01/15 05:00:00 2021/02/22 08:36:09 児童、教職員計84人が犠牲となった大川小の校舎(2011年4月11日、宮城県石巻市で)=関口寛人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210115-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)