読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「気仙沼湾横断橋」開通前に渡り初め

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 

 宮城県の気仙沼湾を南北に渡る「気仙沼湾横断橋」(全長1344メートル)で21日、市民らが開通前の橋を歩くイベント「ハイウェイウォーキング」が開かれた。国が「復興道路」と位置づける三陸沿岸道路(三陸道、全長359キロ)の一部で、横断橋を含む気仙沼港インターチェンジ(IC)―唐桑半島IC間(7・3キロ)が3月6日に開通する。

開通前の気仙沼湾横断橋を歩く参加者たち(21日、宮城県気仙沼市で)=鈴木毅彦撮影
開通前の気仙沼湾横断橋を歩く参加者たち(21日、宮城県気仙沼市で)=鈴木毅彦撮影

 新型コロナウイルスの影響で大規模な記念式典が行えず、開通後は歩行者が入れなくなるため、気仙沼市がイベントを企画した。

 この日は約600人が参加し、往復約1キロのコースを歓声を上げながら歩いた。同市の住民(73)は「気仙沼が見渡せるこの橋は復興の象徴。かつては『陸の孤島』と呼ばれていたけれど、多くの人に来てほしい」と話した。

 仙台市から青森県八戸市までを結ぶ三陸道は、年内の全線開通を予定し、3月6日の開通で、仙台市から岩手県田野畑村(田野畑南IC)までの260・2キロがつながる。

無断転載・複製を禁じます
1858300 0 ニュース 2021/02/21 20:10:00 2021/02/21 23:01:29 開通前の気仙沼湾横断橋を歩く参加者たち(21日午前10時30分、宮城県気仙沼市で)=鈴木毅彦撮影★★動画素材あり★★ https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210221-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)