読売新聞オンライン

メニュー

【独自】トモダチ作戦「震災で孤立した島を救え」…米海兵隊の元大佐「よし、と士気高まった」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

島民と10年たった今も交流

 東日本大震災の「トモダチ作戦」で、米軍が救援に入った被災地の一つが宮城県気仙沼市の離島・大島だ。約2週間にわたって孤立していた島に上陸したのは、水陸両用作戦を得意とする海兵隊だったが、それまでには曲折があった。部隊を指揮したアンドリュー・マクマニス元大佐(59)が米国で取材に応じ、当時を振り返った。(ワシントン支局 蒔田一彦、国際部 川上大介)

日本へ

宮城県気仙沼市の大島で、地元の子どもと、がれきになった家屋を片づける米海兵隊員ら(2011年4月3日)
宮城県気仙沼市の大島で、地元の子どもと、がれきになった家屋を片づける米海兵隊員ら(2011年4月3日)

 2011年3月11日の震災発生当時、マクマニス氏が乗艦する米海軍の強襲揚陸艦エセックスは演習を終えてマレーシアに寄港中だった。被害は本州の太平洋側に集中していたが、指示された行き先は、日本海側だった。約1週間後、秋田沖に到着した。

アンドリュー・マクマニス氏
アンドリュー・マクマニス氏

 「太平洋側に向かうべきだと何度も上官に伝えたが、いつも答えは『ノー』だった。日本海側の被害はそれほど大きくなく、我々の助けは必要とされていないと感じた。ヘリコプターで太平洋側に向かうことも検討したが、雪が舞う悪天候の中、標高の高い山を越えるのは難しかった」

命令

 その後、マクマニス氏の部隊は青森県八戸市沖に向かい、救援物資の配布などを行った。

 <停電が続く大島に電源車を輸送せよ>。そんな活動命令を受け、宮城入りの調整を行ったのは、震災発生から13日目だった。

 「車両100台、航空機30機、隊員2000人。能力を十分生かせず、いら立ちもあった。海兵隊でなければできない任務がようやく与えられた。『よしやろう』と、士気が高まった」

 三陸沖では、家の屋根や冷蔵庫などが洋上に浮遊していた。子どもの靴を見つけ、胸を痛める隊員もいた。

上陸

 震災から17日目、3月27日に先遣隊が大島に上陸した。本土にかかる橋はまだなく、津波で港もフェリーも破壊され、島民は孤立。断水も続き、大勢の人が体育館などで避難生活を送っていた。

 海兵隊は電源車や給水車、支援物資などを上陸用舟艇で輸送した。4月に入って主力隊が続き、救援物資の配布、仮設シャワーの設置、揚陸した重機での道路整備、がれきの撤去などを行った。

 「多くの人が亡くなり、町は破壊された。にもかかわらず、島の人たちは昼時になると、食べ物を差し入れてくれた。我々は島で素晴らしい人たちに出会った」

交流

 活動は4月7日に終了した。引き揚げる際、大勢の島民が岸壁に集まった。子どもたちは手作りした星条旗を振って見送った。掲げられた横断幕にはこうあった。「サンキュー ベリー ベリー マッチ」

 マクマニス氏は2014年に退役し、今はバージニア州の政策研究機関で研究員を務めている。

 「大島でもらった星条旗は額に入れて大切にしている。10年たった今もSNSで交流を続けている人もいる。30年の海兵隊生活で意義のある活動をしたかと問われれば、二つあると答える。一つは(米同時テロ後の)アフガニスタンでの任務。もう一つはトモダチ作戦だ」

復興へ、不屈の精神に敬意

 米国のジョセフ・ヤング駐日臨時代理大使が東日本大震災について本紙に寄稿した。

        ◇

ジョセフ・ヤング米駐日臨時代理大使
ジョセフ・ヤング米駐日臨時代理大使

 震災から10年を迎えるにあたり、日本との連帯を表明する。亡くなられた全ての方を心に深く刻み、東北と日本の人々の強さとレジリエンス(立ち直る力)に敬意を表したい。

 2011年当時、私は安全保障を担当する課長として大使館に勤務していた。あの揺れを今もはっきりと覚えている。大使館の周囲にあるビルが揺れていた光景は信じがたいものだった。

 大使館は当日夜までに、日本政府の救援活動に対する支援と、後に「トモダチ作戦」となる活動の調整を在日米軍と開始した。この取り組みは、米軍と自衛隊による史上最大の共同作戦であり、日米同盟を通して両国が達成できることを象徴している。自衛隊と共に任務にあたり、隊員の勇気と国民への献身をじかに目にしたことは、作戦に携わった全ての人にとって大変な名誉だ。

 その後の日々で、想像を絶する喪失感に直面した東北の人々の不屈の精神に心を打たれた。復興への固い決意には感銘を受けた。尊敬の念はこの10年で深まるばかりだ。

 この気持ちは新大統領も共有している。震災当時、副大統領だったバイデン大統領は被災地を最初に訪れた米政府高官だった。宮城県では地元の人々と懇談した。「名取市と仙台市で被災した方々に会い、日本人の立ち直る力と不屈の精神なら、震災の困難も克服できると確信した」と後に語っている。

 日米両国はトモダチ作戦の精神を生かし続け、両国の次世代リーダー育成事業「トモダチ・イニシアチブ」へと発展した。これまでに日米で1万人以上の若者が参加している。

 我々は、日本の人々に寄り添い、これまで以上に強固で深い友好関係を築いていく決意を新たにしている。

無断転載・複製を禁じます
1866060 0 ニュース 2021/02/25 05:00:00 2021/02/25 05:56:44 東日本大震災。米海兵隊員とともにがれきとなった自分の家を片づける子供。気仙沼市の大島で。2011年4月3日、午前9時34分撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210225-OYT1I50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)