読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「応援に感謝」「あの日を忘れない」、あかりにともる被災者のメッセージ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

明かりがともされた東日本大震災の被災者からのメッセージが書かれたキャンドル(9日午後、東京都港区で)=大石健登撮影
明かりがともされた東日本大震災の被災者からのメッセージが書かれたキャンドル(9日午後、東京都港区で)=大石健登撮影

 東日本大震災から11日で10年となるのに合わせ、東北3県の被災者のメッセージを記した和紙にあかりをともす「和紙キャンドルガーデン」が9日、東京都港区の東京ミッドタウンで始まった。夕闇の中、ろうそくに火がともされると、「たくさんの応援に感謝」「あの日を忘れない」などのメッセージが浮かび上がった。

 被災者の声を伝えようと多摩大の学生が2011年から毎年実施。最後の開催となる今回は、過去10年間に寄せられた約1万5000枚のメッセージの多くもキャンドルにして並べた。11日まで。

無断転載・複製を禁じます
1897996 0 ニュース 2021/03/09 20:52:00 2021/03/09 22:49:38 学生たちが並べた和紙のキャンドル(9日午後6時5分、東京都港区で)=大石健登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210309-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)