読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

震災避難生活なお4万1241人、復興事業に35・3兆円…東日本大震災10年

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東日本大震災では、現在も4万1241人が避難生活を続ける。ハード面の復興事業を終えた地域でも人口が戻らない。11日は被災地にとって課題を抱えたままの節目となる。

 震災による直接の死者・行方不明者は1万8425人。見つかっている遺体のうち、この1年で新たに3人の身元が確認された。避難生活に伴う病気の悪化や疲労による震災関連死は3775人に上る。

 国は10年間で復旧・復興事業に35・3兆円を投じた。岩手、宮城両県では仮設住宅が今月末に解消される見通しだ。

 東京電力福島第一原発事故が起きた福島県では、県内7市町村の計337平方キロ・メートルで、避難指示が解除されていない。

 11日は、政府主催の追悼式が国立劇場(東京都千代田区)で行われ、天皇、皇后両陛下が出席されるほか、菅首相ら各界代表者、遺族代表が参加する。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で中止されたが、規模を縮小する形で開催される。岩手、宮城、福島3県でも参加人数を絞って式典を開く。

無断転載・複製を禁じます
1901384 0 ニュース 2021/03/10 21:21:00 2021/03/10 23:54:22

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)