新たな一歩、大切な人に届けた決意…東日本大震災から11年

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「天国の父に雄姿を見せたい」「今度は自分が人の命を助けたい」。あの日、まだ幼かった被災地の若者2人はこの春、新たな一歩を踏み出す。東日本大震災から11年となったこの日、大切な人に決意を届けた。

亡き父の夢かなえたい

サッカー強豪・東洋大へ進学

 岩手県陸前高田市出身の村上 力己りき さん(18)はプロサッカー選手を目指し、関東大学1部リーグの東洋大学へ進む。震災で亡くなった父・芳郎さん(当時49歳)の夢をかなえるためだ。

大学に進学し、プロサッカー選手を目指す力己さん(4日、岩手県陸前高田市で)=金沢修撮影
大学に進学し、プロサッカー選手を目指す力己さん(4日、岩手県陸前高田市で)=金沢修撮影

 小学校1年で本格的にサッカーを始めたのは、社会人チームでプレーしていた芳郎さんの影響だ。老舗酒造会社の役員だった芳郎さんは疲れていても休日は、練習や試合に熱心に付き添ってくれた。「頑張ったな」といつも褒めてくれる優しい父が、厳しく言った言葉がある。「好きなサッカーで『疲れた』とは言うな」

村上力己さん(手前右から2人目)と父親の芳郎さん(右奥)(2010年4月撮影)
村上力己さん(手前右から2人目)と父親の芳郎さん(右奥)(2010年4月撮影)

 震災に襲われたのは、サッカーを始めて1年がたとうとした頃。学校に迎えにきた母・真実さん(53)や兄と高台へ逃げた。芳郎さんは会社から家に戻る途中で津波にのまれたらしい。真実さんに死を伝えられても「急過ぎて現実に思えなかった」。

 自宅は流され、親戚の家などで暮らした。学校の校庭に仮設住宅が建ち、ボールを蹴ることができる場所は少なかったが、サッカーに打ち込んだ。練習の送迎をしてくれる真実さんやアドバイスをくれる兄の期待に応えたかった。「父がいれば」とは思わないようにした。中学では盛岡市の強豪クラブに入った。福島県の名門・尚志高からのオファーで進学を決めた時、芳郎さんが「力己をベガルタ仙台に入れる」と周囲に話していたことを母から聞いた。父の期待を感じた。

 ポジション変更やけがでレギュラーから外れ、落ち込んだ時は芳郎さんの言葉を思い出し、「弱音は吐かない」と自身に言い聞かせた。昨年はFWとしてレギュラーに定着し、東北のリーグ戦では得点ランキング4位になった。全国高校サッカー選手権大会にも出場した。

 東洋大は昨夏の全日本大学サッカートーナメントの準優勝校。早くスカウトの目に留まるような選手になりたい。芳郎さんの夢をかなえることは、苦労をかけた母や兄のためでもある。「大きなスタジアムでプレーする姿を見せたい」(西村魁)

今度は助ける人に

震災遺構の中浜小学校で、当時を語る門間風斗さん(2月20日、宮城県山元町で)元町で)
震災遺構の中浜小学校で、当時を語る門間風斗さん(2月20日、宮城県山元町で)元町で)

 「じいちゃん、俺、頑張るから」。宮城県山元町の門間風斗さん(20)は11日朝、自宅の仏間で祖父・義一さん(当時63歳)の遺影に語りかけた。4月以降、東京消防庁の消防士になる。

 人の命を救う仕事に就きたいと思ったのは震災を経験したからだ。当時は小学3年、海から約400メートルの中浜小学校は10メートルの津波に襲われた。友人や先生ら90人と2階建て校舎屋上に逃げた。波は2階の天井近くまで達し、毛布にくるまり一夜を明かした。翌朝、自衛隊ヘリで助けられた。

 避難所で家族と合流できたが、義一さんだけがいなかった。漁師の義一さんは船を津波から守るため、地震後に乗船して沖に出ようとしていたらしい。福島沖で亡くなっていた。

 門間さんは義一さんによく船に乗せてもらった。義一さんは海上では厳しかったが、普段は笑顔だった。

 毎年3月11日に家族で黙とうし、義一さんをしのぶ。祖母が悲しんで「やだねー」と言って泣くと、母や妹たちも涙を流す。そんな家族を毎年見ていて、「自分の手で誰かを救いたい」と思うようになった。

 進学先を考えていた高校2年の夏、福島第一原発事故で放水作業をした東京消防庁のハイパーレスキュー隊の記録動画を見た。県境の山元町から60キロ先の原発で、放射能の恐怖と闘って被害の拡大を防いだ勇敢さに心を打たれた。

 消防士を目指し、仙台市の専門学校に通った。昨年12月、2度目の挑戦で倍率18倍の難関を突破した。入庁に備え、ジムでの体力作りもしてきた。「助けられた命だからこそ、今度は助ける人になる」。義一さんに誓った。(青木聡志)

スクラップは会員限定です

使い方
「東日本大震災」の最新記事一覧
2828530 0 ニュース 2022/03/11 14:51:00 2022/03/11 16:12:56 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220311-OYT1I50100-T-e1646982773807.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)