天平の粋 至宝輝く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「第73回正倉院展」が10月30日から11月15日まで、奈良国立博物館(奈良市)で開かれる。出展される55件の宝物は、東大寺の大仏 開眼会かいげんえ などの法要で使われた仏具や、聖武天皇ゆかりの調度品、楽器など、今回も天平文化の粋を伝える逸品ぞろいだ。昨年同様に事前予約が必要な日時指定入場制を導入し、新型コロナウイルス対策を徹底する。

奈良国立博物館(奈良市登大路町)

  10月30日(土)~11月15日(月) ※会期中無休

漆金薄絵盤 (直径55.6センチ 高さ18.5センチ)

部分(下から撮影)
部分(下から撮影)

全体
全体

 大きく花開いたハスをかたどる香炉の台座で、正倉院に伝わる仏具では屈指の華麗さを誇る。木製の岩座の上を巡る4段32枚の 蓮弁れんべん には、上半身が人、下半身が鳥という「 迦陵頻伽かりょうびんが 」のほか、花鳥や獅子などが極彩色で描かれる。もう一つの台座と一対で仏に供えられたという。

長斑錦御軾 (長さ70センチ 幅20.5センチ 高さ15センチ)

全体
全体

部分(底面)
部分(底面)

 聖武天皇の遺愛品リスト「 国家珍宝帳こっかちんぽうちょう 」に記載された肘掛け。錦張りの表面のうち、側面と底面は紫と薄緑の 縦縞たてじま 柄で、唐花文や向かい合う2羽の鳥が見える。唐花文が描かれた上面は、後世の修理で張り替えられたとみられる。

刻彫尺八 (長さ43.7センチ 口径2.3センチ)

全体(正面)と部分(背面)
全体(正面)と部分(背面)

 「国家珍宝帳」に記載された尺八の一つ。三つの節を持つ竹製で正面に五つ、背面に一つ穴がある。全面に細密な文様が施されており、唐花文や雲、チョウなどのほか、腰をかがめて花を摘んだり、琵琶を弾いたりする4人の女性の姿が描かれている。

白銅柄香炉 (長さ28センチ 口径5.5センチ)

 法会の際などに使われた供養具。僧侶らは いた香を入れて柄の部分を持ち、仏に芳香をささげたという。白銅製で、L字形に曲げた柄の先端部には獅子をあしらった重しがある。獅子を使う同様の形式は唐で流行した。

見どころなどHPで

 第73回正倉院展に先立ち、同展の 公式ホームページ が新たに開設されました。主な出展宝物やチケット購入方法、関連イベントの情報などを紹介しています。今回の見どころや過去の本紙掲載紙面、研究者による講演動画など、年間を通して正倉院や正倉院宝物について今後発信します。関連グッズのオンライン販売も追加される予定です。どうぞご期待ください。詳しくはこちらから。

第73回正倉院展

事前予約の日時指定入場制です

【開館時間】
午前9時~午後6時(金、土、日曜と祝日は午後8時まで)
【前売り日時指定券】
一般券2000円、高大生券1500円、小中生券500円ほか
※当日券はありません。観覧には前売り日時指定券の予約・発券が必要です。
※前売り日時指定券の枚数には制限があります(午前9時から原則1時間ごとに約500人まで入場)。
※9月25日(土)午前10時から、先着順にローソンチケットで販売。奈良国立博物館での販売はありません。
※購入方法により最終販売日時は異なりますが、売り切れ次第、終了します。
※研究員レクチャー付き鑑賞券、キャンパスメンバーズ学生券、無料指定券(障害者手帳をお持ちの方など)がありますが、予約・発券が必要です(未就学児は除く)。
※問い合わせはハローダイヤル(050・5542・8600)へ。※新型コロナウイルスの感染拡大状況により、開催内容を変更する場合があります。
【主催】
奈良国立博物館
【協賛】
岩谷産業、NTT西日本、関西電気保安協会、近畿日本鉄道、JR東海、JR西日本、シオノギヘルスケア、ダイキン工業、ダイセル、大和ハウス工業、中西金属工業、丸一鋼管、大和農園
【特別協力】
読売新聞社
【協力】
読売テレビほか

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2338097 0 第73回正倉院展 2021/09/03 15:30:00 2021/09/03 15:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210903-OYT8I50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)