【宝物の科学】色彩美支えた職人技

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 正倉院の宝物は豊かな色彩によって輝きを増し、現代人の心をも魅了する。奈良時代に使われた顔料や染色技術などは、ほとんどが謎だが、近年の科学分析などを通し、色彩美を追求した職人たちの技が少しずつ見えてきた。正倉院展に出展される宝物をもとに、その一端を紹介する。

青い顔料 使い分け

幻の染色 復元研究

 (大阪科学医療部 石川千佳)

第73回正倉院展 奈良国立博物館(奈良市登大路町)

10月30日(土)~11月15日(月)※会期中無休

予約による日時指定入場制で奈良国立博物館チケット売り場での販売はありません。

【開館時間】
午前9時~午後6時(金、土、日曜と祝日は午後8時まで)
【前売り日時指定券】
一般券2000円、高大生券1500円、小中生券500円ほか

※当日券はありません。観覧には前売り日時指定券の予約・発券が必要です。
※前売り日時指定券の枚数には制限があります(午前9時から原則1時間ごとに約500人まで入場)。
※先着順でローソンチケットで販売中です。売り切れ次第、販売を終了します。
※購入方法により最終販売日時は異なりますが、売り切れ次第、終了します。
※キャンパスメンバーズ学生券、無料指定券(障害者手帳をお持ちの方など)がありますが、予約・発券が必要です(未就学児は除く)。
※問い合わせはハローダイヤル(050・5542・8600)へ。
◎新型コロナウイルスの感染拡大状況により、開催内容を変更する場合があります。
【主催】
奈良国立博物館
【協賛】
岩谷産業、NTT西日本、関西電気保安協会、近畿日本鉄道、JR東海、JR西日本、シオノギヘルスケア、ダイキン工業、ダイセル、大和ハウス工業、中西金属工業、丸一鋼管、大和農園
【特別協力】
読売新聞社
【協力】
読売テレビほか

HPで見どころ紹介

 第73回正倉院展に先立ち、同展の 公式ホームページ が新たに開設されました。主な出展宝物やチケット購入方法、関連イベントの情報などを紹介しています。

 今回の見どころや過去の本紙掲載紙面、研究者による講演動画など、年間を通して正倉院や正倉院宝物について今後発信します。関連グッズのオンライン販売も追加される予定です。どうぞご期待ください。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2434623 0 第73回正倉院展 2021/10/11 13:00:00 2021/10/11 13:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211011-OYT8I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)