読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【宝物のちから】上…疫病克服 希望の高坏

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第73回正倉院展は30日、奈良市の奈良国立博物館で開幕する。昨年に続いてコロナ禍の中での開催となる。現在と同じく、疫病など国難が続いた時代の宝物は、何を伝えるのか思いを探ってゆく。

出展される「白瑠璃高坏」。大仏開眼会で献納された宝物の一つだ
出展される「白瑠璃高坏」。大仏開眼会で献納された宝物の一つだ
かつて盛大に大仏開眼会が営まれたと伝わる東大寺大仏殿(奈良市で)
かつて盛大に大仏開眼会が営まれたと伝わる東大寺大仏殿(奈良市で)

 壮麗な光景だったに違いない。史書・ 続日本紀しょくにほんぎ は「仏法が東方に伝来して以来、これほど盛大な 斎会さいえ はなかった」と記している。奈良時代中頃の752年、東大寺で催された大仏 開眼会かいげんえ である。

 聖武天皇が743年に発願して造立した大仏の完成を祝う式典だ。国内外の1万人の僧侶らが参列、インドから来た 菩提僊那ぼだいせんな という高僧が大仏に目を入れる開眼師を務め、にぎやかな音楽や舞、仮面劇の 伎楽ぎがく が披露された。

 今年の正倉院展には関連宝物がそろって出展される。大仏に献納された「 白瑠璃高坏はくるりのたかつき 」「 瑪瑙坏めのうのつき 」「 水精玉すいしょうのたま 」などの品々、これらを収めた献物箱「 漆小櫃うるしのこびつ 」。当日の日付「天平勝宝四年四月九日」を記す木札も残る。

 当時、国難が相次いだ。 飢饉ききん や地震に加え、とりわけ甚大な被害を及ぼしたのが、735~37年頃に流行した天然痘とみられる疫病だ。当時の人口約450万人のうち25~35%が死亡したと推定される。

 「大仏は疫病をなくし、国を救いたいという願いを込めた象徴だった」と、古代史が専門の舘野和己・大阪府立近つ飛鳥博物館長は話す。疫病終息から15年を経て営まれた大仏開眼会の意味について、「コロナ禍のいまになって考えると、ようやく疫病を克服し、世の中が良くなるとアピールする場でもあったのではないか」と指摘する。

 開眼会で献納された宝物は当代一の名品だ。ガラス製の「白瑠璃高坏」は、はるか西アジアからシルクロードを通ってもたらされたとの説がある。先人たちもその輝きに希望の光を見たかもしれない。

 平城京跡の発掘調査ではこの時期、食器の大皿が減って小皿が中心になったことがわかっている。なぜ大皿に盛らず、小分けして食事をするようなサイズになったか、理由は不明だった。神野恵・奈良文化財研究所考古第二研究室長は、「つまり、これは新しい生活様式。コロナ禍を経験して初めて見えてきたことだった」と振り返る。

 当時の暮らしの貴重な痕跡を残す平城京跡は、「地下の正倉院」ともいう。そこで出土した食器類と、大仏開眼会の献納宝物を重ねると、疫病を乗り越えていく先人たちの着実な歩みが見えてくる。

=第73回正倉院展=
 10月30日(土)~11月15日(月)
 奈良国立博物館
 【特別協力】 読売新聞社
 ホームページは こちら から

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2489871 0 第73回正倉院展 2021/11/02 14:35:00 2021/11/02 14:35:00 白瑠璃高坏(提供CO 2718) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211102-OYT8I50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)