読売新聞オンライン

メニュー

平螺鈿背円鏡

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ▽南倉70 平螺鈿(へいらでん)背円鏡(はいのえんきょう) 1面

 径39.5cm 縁厚1.1cm 重5545g

 鏡の背を螺鈿(らでん)や琥珀、玳瑁(たいまい)といった珍奇な素材で装飾した白銅製の鏡。獅子やサイを小花文で囲んだ模様を中心とし、文様の間はトルコ石の細片が散りばめられている。

 正倉院伝来の螺鈿鏡は同心円状に文様を配されるものが多いが、これは上下方向の明確な文様構成を取る珍しい品である。

無断転載・複製を禁じます
1482338 0 見どころ 2020/09/17 12:00:00 2020/09/18 11:29:11 2020/09/18 11:29:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200918-OYT8I50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)