紫皮裁文珠玉飾刺繍羅帯残欠

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ▽紫皮(むらさきがわ)裁文(さいもん)珠玉(しゅぎょく)飾刺繍羅帯(かざりししゅうらのおび)残欠(ざんけつ) 4片

 最大のもの 長85.0cm 幅7.0cm

 宝庫に伝わる帯の中でも最も華麗な品。現在は4片に分かれているが、合わせると約230cmの長さになる。茶褐色の地に、絹糸の刺繍で、深緑、緑、黄、白の珠を連ねた格子文と小花文を表す。帯の先端や途中には、紫色に染めた鹿革製の飾りを縫い付け、縁は紫色の組みひもで縁取り、さらに真珠やガラス玉、水晶などの垂飾を飾る。

無断転載・複製を禁じます
1482356 0 見どころ 2020/09/17 12:00:00 2020/09/17 20:11:42 2020/09/17 20:11:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200917-OYT8I50108-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ