入賞者38人が決まる 正倉院展短歌・俳句コンクール

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 正倉院展の感想や宝物の素晴らしさを詠む「正倉院展短歌・俳句コンクール」(主催・奈良国立博物館、読売新聞社、読売テレビ、協力・宮内庁正倉院事務所、協賛・セキ)の入賞者38人が決まり、大阪市北区の読売新聞大阪本社で9日、表彰式が行われた。

 最優秀賞に選ばれたのは、短歌が鈴木瑞歩さん(滋賀・草津市立志津南小5年)と甲斐田八重さん(奈良市)、俳句は横井来季さん(愛知・名古屋高2年)と伊藤弘子さん(名古屋市東区)で、西川明彦・宮内庁正倉院事務所長から賞状などを受け取った。今回はジュニア(小学~高校生)と一般の両部に、短歌は735人から1222首、俳句は995人から1615句の応募があった。

 入賞者と作品の詳細は、こちらまで。

436524 0 ニュース 2019/02/08 18:00:00 2019/02/10 10:43:26 2019/02/10 10:43:26 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190208-OYT8I50042-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ