エッセイスト・岸本葉子さんが鑑賞する「正倉院の世界」展

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

東京国立博物館・平成館の入り口に掲げられた「正倉院の世界」展のバナー
東京国立博物館・平成館の入り口に掲げられた「正倉院の世界」展のバナー

 東京国立博物館で11月24日まで開催中の「正倉院の世界」展では、奈良・天平時代(8世紀)の国際色豊かな造形文化を伝える奈良・正倉院の宝物計43件と、明治時代に法隆寺が皇室に献納し、現在は東京国立博物館が所蔵する飛鳥・奈良時代(7-8世紀)の法隆寺献納宝物計16件を含む約110件が公開されている(展示替えあり、現在は後期展示)。1200年以上にわたり守り継がれてきた宝物との出会いは、見る者を、時空を超えた旅へと誘う。聖武天皇の遺愛品を残した光明皇后の思いとは、それらの宝物を長きにわたって守り伝えてきた人々の思いとは――。

 暮らしや旅を題材にしたエッセイで人気のエッセイスト・岸本葉子さんが「正倉院の世界」展を訪れ、会場で思いを巡らせた。全文はこちら

無断転載・複製を禁じます
893808 0 正倉院の世界 2019/11/12 10:00:00 2019/11/12 10:00:00 2019/11/12 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191111-OYT8I50108-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ