特集記事

石川県の新幹線PRキャラクター「ひゃくまんさん」 <石川>

 北陸新幹線金沢開業をPRする県のマスコットキャラクター「ひゃくまんさん」は、2013年にデビューした。同年10月には、モチーフとなった「加賀八幡起上(おきあ)がり」発祥の安江八幡宮(金沢市)でヒットを願う祈願祭が行われている。

 美術プランナーの木寺力さんなど着ぐるみ製作の担当者らが参加。祈願を行った宮司は「石川県の発展のため、いつまでも頑張ってほしい」と祈っていた。

 これに先立ち行われた記者会見では、ひゃくまんさんがゆっくりと回転し、体に描かれた金沢城の石川門や能登キリコなどをアピールした。

 ひゃくまんさんの幅は1メートル30センチあり、担当者は「新幹線には(入り口でつかえて)乗れないが、お客さんを出迎えられれば」と話した。また、かわいらしいしぐさも研究中といい、この日は親指と爪先を立てた「オッケー」のポーズなどを披露した。

ひゃくまんさんのヒットに向けて行われた祈願祭(2013年10月23日、金沢市の安江八幡宮で)

(2013/10/24 石川県版の記事から再編集。年齢・肩書きは、新聞掲載日のものです)

今回取り上げた新幹線写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます
[協力] JR東日本・JR西日本(運転席動画提供)
[編集] 東京本社・長野支局、新潟支局 北陸支社・富山支局、金沢支局 メディア局企画開発部
[デザイン] 東京本社メディア局企画開発部デザインチーム 株式会社ロフト  [イラストレーション] 荒木田美咲  [動画] 蓑輪潤、和多史朗
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.