新幹線の半世紀

山陽新幹線
姫路城の下を試験走行

 翌年3月の新大阪-岡山間の開業を前に、ドクターイエローが始めて走行した場面が、紙面を飾った。
 鳥飼基地を出たドクターイエローは、新大阪駅で出発式を実施。「職員ら65人が見守る中を(略)東海道新幹線から山陽新幹線へにぶい警笛を鳴らしながら発車」(紙面より)したという。列車は、平均時速65キロで六甲トンネルを抜け、西へ向かった。

写真:1971年10月11日朝刊掲載

 
協力
公益財団法人 鉄道総合技術研究所  JR東海  JR西日本  久保敏さん  かけやまさん(新幹線側面写真提供)
 
製作
[編集] 東京本社社会部・編成部・校閲部 大阪本社社会部 中部支社社会G 東京本社メディア局企画開発部・川嶋路大 武田潤 同編集部・田口栄一
[デザイン] 東京本社メディア局企画開発部・雨宮健雄 藤垣円 荒木田美咲  [イラストレーション] 荒木田美咲  [フロントエンド開発] 雨宮健雄 西川一格
[写真] 東京本社写真部 中部支社写真G 大阪本社写真部  [動画] 蓑輪潤 西山修平
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.