新幹線の半世紀

修学旅行の思い出
新幹線とともに

 開業からしばらくたつと、新幹線での修学旅行が一般的になってきた。
 1972年4月13日の夕刊では、修学旅行専用の新幹線がデビューしたことが伝えられている。専用列車となった「こだま455号」は、京都方面への修学旅行に向かう都内の中学生932人を乗せて出発。それまで、延べ600万人を運んだ修学旅行専用電車「ひので号」に代わり、短時間で関東-関西を結ぶ新幹線が旅行の中心となった。記事によると、この年、関東の学生36万人が修学旅行新幹線を利用予定だったという。

写真:1971年ごろ撮影

 
協力
公益財団法人 鉄道総合技術研究所  JR東海  JR西日本  久保敏さん  かけやまさん(新幹線側面写真提供)
 
製作
[編集] 東京本社社会部・編成部・校閲部 大阪本社社会部 中部支社社会G 東京本社メディア局企画開発部・川嶋路大 武田潤 同編集部・田口栄一
[デザイン] 東京本社メディア局企画開発部・雨宮健雄 藤垣円 荒木田美咲  [イラストレーション] 荒木田美咲  [フロントエンド開発] 雨宮健雄 西川一格
[写真] 東京本社写真部 中部支社写真G 大阪本社写真部  [動画] 蓑輪潤 西山修平
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.