新幹線の半世紀

新幹線の「地図」
覚えるのにたっぷり半年

 1966年11月6日の朝刊に、若手運転士にインタビューして書かれた記事が掲載されています。
 「坂にさしかかり上りだと思えば、ハンドルをトップに入れ、一気に上りつめる。こんどは下りと見れば、ハンドルを倒して惰性で行く。こうすれば電車は流れるように走るのだ。(略)運転士の頭のなかには新幹線のこう配やカーブが、詳細な地図のように暗記されている。(略)たたきこむのにたっぷり半年はかかった。」
 「新大阪に着くと、(略)助役さんにこう報告する。「超特急ひかり定時に到着しました」――これがなによりだ。」

写真:1964年10月ごろ撮影

 
協力
公益財団法人 鉄道総合技術研究所  JR東海  JR西日本  久保敏さん  かけやまさん(新幹線側面写真提供)
 
製作
[編集] 東京本社社会部・編成部・校閲部 大阪本社社会部 中部支社社会G 東京本社メディア局企画開発部・川嶋路大 武田潤 同編集部・田口栄一
[デザイン] 東京本社メディア局企画開発部・雨宮健雄 藤垣円 荒木田美咲  [イラストレーション] 荒木田美咲  [フロントエンド開発] 雨宮健雄 西川一格
[写真] 東京本社写真部 中部支社写真G 大阪本社写真部  [動画] 蓑輪潤 西山修平
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.