ミニコラム

 今や世界トップの高速鉄道として知られている「SHINKANSEN」。この言葉が産声をあげたのも、弾丸列車構想でのことだった。

 鉄道省は構想を進めるにあたり、明治の開国以来、在来線のレール幅だった狭軌(幅1067・7ミリ)ではなく、安定性や輸送力にすぐれた広軌(幅1435ミリ)の採用を決定。これまでにあった線路とは別に新線を作る。まさに「新幹線」構想の誕生だった。