ティム・ヒッチンズ(駐日英国大使)

Comment

 私が初めてビートルズと出会ったのは1972年、すでに解散した後です。彼らの全活動を網羅した、2枚組みのアルバムを二つ購入しました。そのなかに「Yellow Submarine」「Yesterday」など、ビートルズの作品だと知らずに学校で教わったものがありました。以来、すっかりとりこになっています。

1. Here Comes The Sun

 ビートルズは常に、ポールの生来の明るさとジョンが持つ複雑な世界観の間を、行ったり来たりしていました。「Here Comes The Sun」は、私の明るい気質や世界観に合っています。

2. Norwegian Wood

 「Norwegian Wood」は10代のころの自分に、大人の世界を何でもできる(魅惑的な)ものに思わせました。男をあしらう女性、そんな女性と一夜を過ごすこと・・・。最後の「I lit a fire, isn't it good, Norwegian wood」と韻を踏んでいるのも好きですね。言葉遊びは好きですし、自分でも言いますよ。

3. Yesterday

 これはもう単純に、ベスト10を選ぶのに「Yesterday」を抜きには考えられないからです。とてもシンプルで、色あせることはありません。

4. While My Guitar Gently Weeps

 10代の頃は、メンバーの中で一番若く、南アジアに関心が強かったジョージの方が好きでした。そこで今回のベスト10には、彼が書いた曲を加えたかったのです。ジョージの曲は叙情的で、その点でジョンやポールとも異なっていました。

5. I Want To Hold Your Hand(抱きしめたい)

 「I Want To Hold Your Hand」は、もちろん“手をつなぎたい”以上の気持ちを含んでいます。ビートルズの曲は、表面上はシンプルな歌詞でありながら、実際にはもっと大人な内容をその裏に含んでいるところが好きです。

6. Hey Jude

 ビートルズが曲作りにおいて革新的なのは、既存のすべてのルールを壊し、それをおよそ10年にもわたって続けたことです。めまぐるしく変わるポップソングの世界において、これは驚くべきことです。後半で長く繰り返されるコーラスは、それまでのプロデューサーならば決して認めなかったでしょう。しかし結果的に、このコーラスが聖歌のようになっているのです。

7. The Long And Winding Road

 この曲は、初めて買ったビートルズのコンピレーションアルバムで最後の曲だったので、“エンディング”という印象があります。ビートルズは常に学び、実験し、変化し続けながら、彼らを型にはめて消耗しようとするメディアの一歩先を進んでいました。「The Long And Winding Road」を聴けば、ビートルズが「Love Me Do」以来、どれほど長い旅路を歩んできたかに驚かされるはずです。

8. Yellow Submarine

 「Yellow Submarine」は今回のセットリストに必要です。リンゴを忘れるわけにはいきません。ふざけたような曲ですが、それがこの曲をすばらしくしている点でもあります。

9. Michelle

 なぜ私は「Michelle」が好きなのでしょう。もちろんこれは素敵な曲で、覚えやすく歌いやすい。しかし、私はフランス語の“sont les mots qui vont tres bien ensemble”という部分を歌う、ビートルズのひどいフランス語アクセントに惹かれているのだと思います。リバプールの元気な若者が、世界的スターになったのです。

10. A Day In The Life

 ジョージ・マーティンは、間違いなく5人目のビートルズでしょう。この曲では、彼の斬新なプロデュースが光っています。オーケストラや長いピアノ・ソロの音色、逆再生の音(LPレコードでこの曲の最後に針が辿り着いたときに聞こえる、意味不明な逆再生のメッセージ)など、驚嘆すべき複雑さを備えたところが魅力の作品です。

-----------------------------------------

(原文)

I first discovered the Beatles in 1972, when they had already broken up. I bought the two double albums covering their whole career. I then discovered some songs – like "Yellow Submarine" and "Yesterday" – which I had been taught at Junior School without knowing who had sung it. From that moment on I was hooked.

Why these ten?

1. The Beatles always veer between Paul's natural optimism and John's more complex view of the world. "Here Comes the Sun" fits with my sunny disposition, and confirms my natural view of the world.

2. "Norwegian Wood" managed, when I was a teenager, to summon up the infinite possibilities of adult life; confident women, overnighting with others. And I liked the bad pun at the end "I lit a fire, isn't it good, Norwegian wood". I have always enjoyed (and still use) bad puns.

3. Simply because you couldn't have a top ten of any songs without "Yesterday". So simple, so eternal.

4. When I was a teenager I rather liked George – he was the youngest, the most interested in South Asia, and so I wanted to include a song he wrote. His songs have a lyricism about them which is very different from John and Paul.

5. "I want to hold your hand" of course means a lot more than wanting to hold her hand. I always liked the way Beatles' songs had simple lyrics on the surface but conveyed much more adult themes underneath.

6. The Beatles were so innovative in their song-making, breaking all the rules, and keeping on doing so for almost ten years – extraordinary in the fast-moving world of pop music. The long repetitive chorus which fills the second half of this song is just that – producers before would never have allowed it, but it almost becomes like a religious chant.

7. This was the last song on the first Beatles compilation I owned, and so it captured for me the sense of an ending – you listen to it and you are amazed how far the Beatles had travelled since "Love Love Me Do" – constantly learning, experimenting, changing, as well as staying ahead of the media who always wanted to define and reduce them.

8. I have to include Yellow Submarine because you can't forget Ringo. It's a terrible song really, but that's what makes it great.

9. Why do I like "Michelle" ? It's of course a great song, easy to learn and sing. But I think I really like it because of the very bad French accent where they sing "sont les mots qui vont tres bien ensemble" – Liverpool lads become global stars.

10. George Martin is of course the fifth Beatle, and this song captures the amazing complexity and daring of his production, with orchestras, long single piano notes, reverse engineered tunes – and of course on Sgt Pepper's album, the strange indecipherable message contained, recorded backwards, at the end of this song when the needle sticks in the final groove of the LP.

ティム・ヒッチンズ(駐日英国大使)

1962年生まれ。83年ケンブリッジ大学卒業、同年英国外務省入省。駐パキスタン英国高等弁務官事務所政治部長、英国外務省アフリカ部長、駐フランス英国大使館公使などを経て、2012年2月より現職。日本語も堪能。