WBC 侍JAPAN 試合結果

WBC キューバ戦 侍JAPANが乱打戦を制した!

1次ラウンド 2017年3月7日(火) 日本 vs キューバ (19:00) 東京ドーム

3ランを放つ松田(5回)

先攻 後攻
キューバ 国旗6-11日本 国旗
キューバ 日本
チーム名123456789
キューバ0010003206
日本10015022X11
  • 石川
  • イエラ
  • 松田・3ラン、デスパイネ・ソロ、筒香・2ラン

<速報解説>…引っ張りのスイングで猛打爆発

 侍ジャパンが14安打で11得点を叩きだした。貧打が続いた壮行・強化試合がうそのよう。崩壊しかけた中継ぎ投手陣の危機を打撃陣が救い、侍ジャパンが大事な初戦を勝ち取った。

 打撃で目についたのは、引っ張る打球が多かったことだ。

 初回の筒香の先制打。4回の山田の勝ち越し2塁打。5回の坂本の適時打に、松田の3ラン本塁打。そして、7回の筒香の2ラン本塁打。いずれも、思い切り引っ張ったことが得点をもたらした。打球に力があり、球が飛ぶたびに、雰囲気が盛り上がった。

 これまでの侍ジャパンは「つなぐ意識」が強く、流し打ちが目立っていた。

 たとえば、坂本はWBCの合宿初日の打撃練習で、50スイング中、引っ張ったのは3本だけ。残りの47本はセンター返しか、右打ちに徹していた。小久保監督から「不動の4番」と指名された筒香さえ「4番という意識よりも、後ろにつないでというのが自分のイメージです」と公言し、流し打ちに励んでいた。

 こうした意識が過度に強くなると、スイングが小さくなることは否定できない。

 「つなげよう、つなげようと、みんなやってくれて、それはありがたいが、そこで形を崩してしまっている選手がいる」

 稲葉打撃コーチは、その点を危惧していた。

 打撃陣に求められているのは、「よそ行きの流し打ち」でなく、「自分のスイングをすること」だ。WBC初戦になって、野手たちは、ようやくそのことに気づいたか。

 侍ジャパンの打撃陣は、大半の選手が自分のチームでは主軸を打っている。いつも通りに、普通に打てば、おのずと結果は出る。それが第1戦の回答だった。

(編集委員・三宅宏)

筒香が先制の適時打(1回)

キューバに5点差、日本が乱打戦制す

 日本が11-6で乱打戦を制した。

 初回に筒香のタイムリーで先制した日本は、3回に追いつかれたが、4回に山田の二塁打で1点を勝ち越し。5回には松田の3ランなど打者一巡の猛攻で5点を奪った。7回にデスパイネのソロ本塁打などで3点を返されたが、その裏、筒香が2ランを放ち、リードを5点に広げた。8回には2点を返されたが、その裏に松田のこの日4安打目の適時打などで突き放した。

 守っては、日本先発の石川は4回1失点で降板。2番手・則本は3イニング目の七回に捕まり、3失点。その後は岡田-平野-秋吉-牧田とつないだ。

好守が光った菊池(9回)

『16%』初戦は負けられない
初戦に負けたチームが1次ラウンド突破した割合
敗退
突破
16%
16%

2013大会まで、登場初戦で負けたのは のべ 25チーム

そのうち、2次ラウンドに進めたのは・・・

4チームだけ。

WBCでは初戦を落とさないことが重要。初戦を制した日本の快進撃に期待だ。